• 試合情報
  • チケット
  • スタジアム/アクセス
  • 選手/クラブ
  • グッズ
  • ファンクラブ
試合結果

2011Jリーグ ディビジョン2 第35節

  • AWAY GAME
  • 日時:2011/11/12(土)16:00キックオフ
  • 会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

試合終了

 
0 1
15 SH 9
12 GK 11
8 CK 3
13 直接FK 14
3 間接FK 3
3 オフサイド 2
0 PK 0
  得点 (86分) 中村太亮
(46分) OUT アポジ → IN 河野広貴
(65分) OUT 佐伯直哉 → IN 高橋祥平
(88分) OUT 吉田正樹 → IN マラニョン
交代 (30分) OUT 染谷悠太 → IN 秋本倫孝
(83分) OUT 中村充孝 → IN 中村太亮
(89分) OUT ドゥトラ → IN 金 成勇
(6分)【警告】吉田正樹 警告・退場 (22分)【警告】福村貴幸
(49分)【警告】チョン ウヨン
(58分)【警告】秋本倫孝
GK26柴崎貴広
DF2福田健介
DF17土屋征夫
DF14富澤清太郎
DF3吉田正樹
MF4アポジ
MF5佐伯直哉
MF21小林祐希
MF10菊岡拓朗
FW41巻誠一郎
FW19阿部拓馬
GK1土肥洋一
DF18森 勇介
DF23高橋祥平
MF7河野広貴
MF22和田拓也
FW11マラニョン
FW25平本一樹
監督川勝良一

GK1水谷雄一
DF2酒井隆介
DF32内野貴志
DF6染谷悠太
DF16福村貴幸
MF7チョン ウヨン
MF23中村充孝
MF20工藤浩平
MF15中山博貴
FW13宮吉拓実
FW9ドゥトラ
GK21守田達弥
DF4秋本倫孝
MF17中村太亮
MF18加藤弘堅
MF22駒井善成
FW14ハウバート ダン
FW28金 成勇
監督大木 武

試合環境

  • 入場者数
    12,287人
  • 天気
    晴れ
  • 気温
    19.5度
  • 主審
    河合英治
  • 副審
    佐藤秀明、藤井陽一

試合Photo&コメント

【ハーフタイムコメント:川勝良一監督】
「今やっている事を続ける事が大切。
 グラウンドをもっと広く使おう」

【試合終了後選手コメント:富澤清太郎選手】
「自分的にはやり切ったような、でも悔いも残るような。
 でも性格的には悔いしか残っていません。
(失点シーンは)トラップがずれた。繋ごうとした事が裏目に出た。
 自分のところが原因。
 そういうところを、自分自身上げていかなくてはいけない。
 次に向けて、しっかり切り換えてやっていかないと。
 時間は短いが、しっかりと切り換えて、最後までプロとしてやり遂げる。
 今日の試合を落とせば、終わる事もわかっていた。
 苦しい状況の中でも、勝っていかなければいけないと思っていた。
 自分で選んで進んできた道だから、この一戦にかける思いは強かった。
 サポーターの人たちは、わざわざ遠くまで毎回足を運んでくれて、
 自分達にパワーを与えてくれる何物にも代えられない存在。
 その人たちや、自分達選手、このクラブを愛する全ての人たちのために戦ってきた。
 目標を断たれて悔しいです」

【試合終了後選手コメント:巻誠一郎選手】
「後半より前半の方が良い入り方が出来た。
 相手の良いところを消せるサッカーが出来ていたが、そこで点が取れなかった。
 自分達も落ち着いたサッカーが出来なくて、テンポを上げられなかった。
 勝ち点3以外はまったく意味が無い戦いの中で、失点してしまった。
 その前に点が取れていれば良かったが、そこは相手もあること。
 集中して良いサッカーが出来ていたのに。
 チームとしてしっかり我慢出来ている中での失点。
 前に出てこようとしていたところだから仕方が無かった部分もある。
 とにかく勝ちたかった。自分達は勝つしかなかった。
 チャンスをチーム全体で作ってくれていたので、それを決めるのがFWの仕事。
 阿部も本当にDFを頑張ってくれていたが、点を取れなかったのは自分達の責任」

【試合終了後選手コメント:土屋征夫選手】
「みんな集中して最後までやったし、チャンスも作った。
 悪い試合ではなかったのだが・・・
 ケガとか色々あるが、誰が出ても同じ試合ができるようにしないと。
 後悔しないようにプレーしないといけない。
 トータルで考えて試合をしよう、90分間で試合をしようと話していた。
 しっかり2ndボールを拾って、回せるところは回して、ピンチもあまり無かった。
 ピンチがあっても守らないといけない。
 (昇格の)チャンスは無くなったが、プロとしてしっかり最後まで戦わないといけない」