日本テレビ
都市型保育園ポポラー
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド
ATHLETA OFFICAL SITE
ゼビオグループ

OFFICIAL MATCHDAY PROGRAM

2021-22Yogibo WEリーグ 第6節  日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs ちふれASエルフェン埼玉
2021.10.16(土)14:00 KICK OFF

PICKUP

松田紫野「無失点で勝ちたい」

1試合1試合、すべて負けられないと全員が思っている

──前節、アウェイでのINAC神戸レオネッサ戦で今季初のスタメン出場を果たしました。自身のパフォーマンスをどう感じていますか?
初スタメンで本当に緊張していたんですが、全力でやろうと思って挑みました。チームメイトに助けられたこともあって、今の自分にできることは出し切れたように感じます。ただ、振り返ると相手FWに対してのアプローチとか、パスの精度とか、もっとレベルアップできる部分もたくさんあると思います。

──I神戸戦は0-1で敗れましたが、互いにミスの少ない、非常にハイレベルな内容の試合でした。
結果は残念でしたが、ベレーザらしくパスをつないだり、高い位置からのプレッシングでボールを取ったりすることはできました。ビルドアップの部分でも、FWへの配給は多くできたと思います。

──ここまで2勝1分け2敗という結果です。課題があるとすればどの辺でしょうか?
WEリーグではどのチームもベレーザ対策をしてくるので、試合をやってみないと分からない部分があります。なので、相手の出方が分からない最初の何試合かは難しい試合になると思っていました。相手の状況を見ながらゲームを進める“対応力”が大切だと改めて感じています。

──チームの雰囲気はいかがですか?
雰囲気は悪くないですし、1試合1試合、すべて負けられないと思っています。前向きな気持ち、強い気持ちは全員が持っていると思います。

──WEリーグが発足して、周囲の環境や選手の意識も変わったと思います。特に変化したところはありますか?
自分自身はそんなに変わっていないと思います。今までも常に、チームにどれだけ貢献できるか、どれだけ自分の100パーセントを出せるかを意識してきました。ただ、観客数は明らかに変わっていますし、ファン・サポーターからの期待も高いと感じています。遠くまで応援に来てくださる方々には本当に感謝しています。

──今節はちふれASエルフェン埼玉との対戦です。おそらくベレーザがボールを持つ展開になると思いますが、勝つためのポイントはどこでしょうか?
先制点が重要だと思います。後ろからしっかりと組み立てながら、全員がゴールに向かう姿勢を持たなければいけません。DFとしてはラインコントロールを意識して、しっかりとリスク管理をして無失点で勝ちたいと思います。

──個人としては、どんなプレーに注目してもらいたいですか?
自分は右利きですが左足のロングフィードが得意で、ビルドアップのときは(植木)理子さんと目を合わせて、裏に出すボールを狙っています。なのでFWの裏やサイドの奥を狙うフィードと、自分の強みである1対1の局面も見てほしいですね。

──ファン・サポーターにメッセージをお願いします。
このような状況のなか、ベレーザを応援していただきありがとうございます。しっかり勝利を届けられるように全力で頑張ります!