ISPS 国際スポーツ振興協会
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット
株式会社ミスズ
HANDA Watch World

SCHOOLスクール

スポーツ普及活動

いっしょにスポーツたのしみ隊!ヴェルレンジャー

いっしょにスポーツたのしみ隊!ヴェルレンジャー

画像

東京ヴェルディは、普及コーチがホームタウンの小学校を訪問して、スポーツの楽しさを伝える活動を長年続けてきました。児童の皆さんがヴェルディをもっと身近に感じてくれるように、誰もが気軽にスポーツを楽しめるように、そのような願いをこめてこの活動を『いっしょにスポーツたのしみ隊!ヴェルレンジャー』と呼んでいます。
小学校にやって来る普及コーチはみんなヴェルレンジャーの隊員です。皆さんに会うときには、3つのことを大切に考えています。

スポーツの楽しさを伝えます
(体育が苦手な子にも、きっと身体を動かすことの楽しさを知ってもらえます)
自分で考えることを助けます
(ヒントを与え、自分で判断してもらいます)
お友達と助け合うことの大切さを伝えます
(力を合わせたり、困っている子を助けたり、クラスメイトはみんな仲間です)

主な活動は小学校訪問ですが、幼稚園・保育園の訪問や、介護予防事業、障がい者スポーツ体験など、ホームタウンでスポーツを楽しんでもらうために行うものは全てヴェルレンジャーの活動です。
あなたの街にもヴェルレンジャーがやって来ます!

オリンピック・パラリンピック教育プログラム

画像

2020年、ホームタウン東京にオリンピック・パラリンピックがやって来ます。私達のクラブにはオリンピックでメダルを獲得した選手や、2020年の出場候補となる代表選手が在籍しています。
それらの選手がホームタウンの小中学校を訪問し、自らの経験や考えを伝え、一緒にサッカーをプレーするのが『オリンピック・パラリンピック教育プログラム』です。
プレイヤーとしてのスタイルや子どもの頃のエピソードは選手によって違いますが、夢に向かって努力を続けていることはみんな同じです。『世界』を知る選手達が、未来のオリンピアン・パラリンピアンになるかもしれない皆さんに会いに行きます。

プログラム実施スケジュール例
3時間目 選手トークショー(全校生徒)
4時間目 サッカー交流(一部学年)
給食交流(一部学年) ※インフルエンザ流行時期は実施しません。

障がい者スポーツ体験教室

画像

東京ヴェルディはホームタウンと連携し、一年を通して『障がい者スポーツ体験教室』を開催しています。行政や公共施設との協働事業、都立の特別支援学校での活動などを合わせると、年間活動日数は約100日に及びます。
2020年の東京パラリンピック成功のため、そして2021年以降の日本のスポーツ環境発展のため、私達はこの活動を続けていきます。
下記のホームタウン協働事業としての『障がい者スポーツ体験教室』には、障がいをお持ちの方もお持ちではない方も、年齢制限や事前申込もなく気軽にご参加いただけます。

また、『インクルーシブフットボールフェスタ』実施など、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)と連携した活動も行っています。