日本瓦斯株式会社
ATHLETA
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド

OFFICIAL MATCHDAY PROGRAM

2021明治安田生命J2リーグ 第12節  東京ヴェルディ vs ザスパクサツ群馬
2021.05.05(水)15:00 KICK OFF

PICKUP

ンドカ ボニフェイス「必要なのは勝ち点3」

求められていることは最低限やれたと思う

──大宮戦は1−1の引き分けでした。あらためて前節を振り返ってください。
自分たちがボールを保持して攻撃につなげていくというスタイルの中で、良い時間帯は作れていたと思います。ただ、同点に追いついた後などは、ボールが相手に引っかかってカウンターを受ける場面が多くなってしまいました。ボールの回し方や自分たちの立ち位置を修正することができていれば、もっと攻撃の回数を増やせたんじゃないかと思います。

──個人としては今季初先発、初のフル出場を果たしました。後半にはセットプレーから決定的なシュートもありましたが、自身のパフォーマンスはどうでしたか?
もともと自信を持ってこのチームに来ましたが、前節途中出場して、実戦の中で自分のプレーができたことで自信も深まっていたので、大宮戦にも自信を持って挑みました。細かいところで判断ミスや技術的なミスはありましたけど、求められていることは最低限やれたと思うので、これからさらに良いプレーをしていきたいです。

──シーズン序盤はなかなか試合に絡むことができませんでした。出場機会を得るためにどんな部分に注力してきましたか?
自分のストロングポイントであるフィジカルやヘディングを見せていくというのは大前提としてありましたが、その中でチームとして求められていること、ボールを失わずに前線の選手に付けていくという部分に注力してきました。早めに前に付ける時と自陣でボールを保持する時、その判断がとても大事だとこのチームに来て感じましたし、それを練習から意識して少しずつつかんできているという状況です。

──大宮戦では新戦力のジャイルトン パライバ選手が先発しました。ドリブルでの仕掛けやカットインからのシュートなど、これまでのヴェルディにはあまりなかった攻撃の形も見られましたが、後ろから見ていての印象はどうでしたか?
練習に合流した初日から、攻撃でも、守備でも非常に強度が高いなと思っていました。実戦でもゴールに向かっていく姿勢を見せてくれましたし、プレー選択が前へ、前へという感じでとても頼もしく感じました。

──ヴェルディのサッカーのどんなところにやりがいを感じますか?
今までとは違う新たなチャレンジだったので、最初は難しさもありましたが、試合に出られない中でも常にやりがいは感じていました。選手としての考え方、プレーの判断の幅は確実に増えているのを実感しています。ただ、試合に出ないと選手としての価値はないと思うので、日々練習で積み上げてきたものを、これから試合で出していかなければいけないと思っています。

常にポジティブに、一つひとつの試合に全力で取り組む

──今節は群馬との対戦です。現在4試合白星がない状況ですが、流れを変えるために何が必要ですか?
一番必要なのは勝ち点3です。もちろん、良い内容で勝つこともすごく大事ですが、たとえ流れが悪くても自分たち後ろの選手が耐えて、セットプレー1発でもどんな形でもいいので、勝ち点3を取ることが必要だと思います。

──大宮戦ではロッカールームにファン・サポーターのメッセージが掲出されていたそうですね。
15番と11番の背番号があしらわれていて『日体魂』と書かれているメッセージがあったんです(笑)。それを見て(山下)諒也と一緒に「頑張ろう!」と話していました(注:ボニ選手と山下選手はともに日本体育大学出身)。試合前にそういうメッセージを見ることで、スタジアムに来られなくてもファン・サポーターのみなさんはいつも応援してくれているんだなというのを実感しました。

──ヴェルディサポーターは、これからボニ選手がどんなプレーを見せてくれるのかを楽しみにしていると思います。自分のどんなプレーを見てほしいですか?
前節90分出たことで、自分のプレースタイル、どういうふうにプレーするのかというのは少し分かってもらえたと思います。これからの試合で前節以上のインパクトや気持ちの部分というのを見せたいですし、何よりも結果でサポーターの方に喜んでもらいたいです。

──大宮戦では大きな声でのコーチングも印象的でした。
外から見ている時間が長かった分、選手の特徴やこういう場面で少し集中力が切れるなというのは観察していました。実際に同じピッチに立って感じることもあったので、試合の中でも思ったことを伝えようと積極的にコーチングしました。

──残念ながら群馬戦もリモートマッチとなりますが、DAZNで応援してくれるファン・サポーターにメッセージをお願いします。
今はチームとしてあまり上手くいっていない状況ですが、常にポジティブに、一つひとつの試合に全力で取り組んでいきますので、選手とともに全員で戦っていきましょう。