日本テレビ
都市型保育園ポポラー
ATHLETA OFFICAL SITE
株式会社ミロク情報サービス
株式会社オーエンス
株式会社イーグランド
スカイライト コンサルティング株式会社
株式会社SYNERGY JAPAN

MATCH試合情報

2018プレナスなでしこリーグ1部 第13節 - 日テレ・ベレーザ vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

マッチレポート

【ハーフタイムコメント:永田 雅人監督】

・状況を把握して、臨機応変に対応しよう
・ボールが動いているときの距離感に気をつけよう

 

選手コメント

FW 19植木 理子

雨の中の試合でした。振り返ってください。
前半の雨が降っていないうちに試合を決めよう』とチームで話していた中で、前半0-0で終わってしまったので、そういった部分は自分の課題かなと思います。前の選手なので、前半でゴールを決めたかったというのはありますが、後半に自分のゴールでチームが勝てたということはすごく嬉しいです。

ゴールシーンを振り返ってください。
奥のスペースに抜けて、唯さん(長谷川)からすごくいいボールが来たので、そこから自分の形に持って行ってゴールを決められたというのは良かったです。自分でもびっくりするようなゴールでしたが、決勝点になったので良かったです。

2試合で3ゴール、リーグ再開後は4ゴールです。好調ですね。
前半戦でゴールを決められなかったということは、すごく悔しかったですし、そういった中、後半戦でチームに貢献できたことはすごく嬉しいです。ここからまた大事な試合が続くので、これからもチームを勝たせたいと思います。

個人的にもレギュラー争いが激しい中で、大きなアピールになったのでは?
今年は前の選手もたくさんいて、試合に出るということが難しい中でも試合に出してもらっていて、そこで結果を残さないと残れないと思っています。チームですけど、ライバルとなる選手がたくさんいるので、そういった部分では負けちゃいけないと思います

チームとしても首位キープです。
3冠を目指す上で、勝ち続けるというのは大事なことなので、今日勝てたことも大きいですし、この次に向けて良い一歩を踏めたかなと思います。

残り5試合に向けて、サポーターの皆さんにメッセージをお願いします。
残り5試合も勝利できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

コメントを読む

MF 14長谷川 唯

試合を振り返ってください。
前半は思うような戦いができない中、ハーフタイムで修正して、『こうしよう』というのを後半は表現できました。そこからはポゼッションも高くなりましたし、やりたいサッカーを少しでも見せられたかなと思います。

植木選手のゴール、どのように見てましたか。
自分のパスからゴールに直接繋げたかったんですけど、スリッピーというのもあってパスがひとつ延びてしまいました。横に入っていくというのは、理子(植木)の得意なプレーなので、そこを出せたのは良かったかなと思います。

あのシーンを作り出したのは長谷川選手の献身的なプレーでした。
ハーフタイムに理子(植木)と裏に走るというのを話していたので、その中でやってみようと、思い切ってチャレンジしたので、後半に形に繋がったのは良かったです。

ドリブルしているときに絶対取られないですね。ご自身としてはどう思いますか。
個人的にはまだまだで、ひとつ逃してしまうところがあったり、取られてはいなくても、もうひとつ前のところでパスを出せばチャンスになるところや、ゴールに直接繋がるというシーンがたくさんあると思うので、そこを逃さずにいけたらと思います。

首位をキープするために大事な試合でした。
先のことは考えずに、この試合もチームとして課題をひとつ持って取り組んだ中で、前半のうまくいかない時間帯でも、無失点に抑えられました。守備が後半の攻撃に繋がっているかなと思います。

残り5試合ですが、ベレーザとして見せていきたいサッカーは?
今年のサッカーは最初から最後まで圧倒してボールを保持し、その中で多くのチャンスを作って最後は勝つっていうところなんですが、リーグ戦序盤は得点をあまり重ねられないことが多かったのですが、最近になって得点の数も増えてきました。本当はもっと圧倒するサッカーを目指しているので、遊び心を持ったプレーだったり観客を楽しませるプレーをもっとできればと思います。

サポーターの皆さんへメッセージをお願いします。
残り5試合、チームとして上を目指す中で、一緒に3冠を獲るための2つ目をとりに行きましょう。

コメントを読む

試合一覧へ