日本テレビ
都市型保育園ポポラー
ATHLETA OFFICAL SITE
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド

MATCH試合情報

2021-22WEリーグ プレシーズンマッチ - 大宮アルディージャVENTUS vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

マッチレポート

【試合展開】

WEリーグのプレシーズンマッチはチームとしての2戦目を迎えた。初のアウェイゲームは、新たに女子サッカーに参入した大宮アルディージャVENTUSとの一戦。相手のスタメンには、長らくチームの黄金期を支えた有吉佐織やアカデミー出身でトップチームでもプレーした望月ありさが名を連ねた。

 

序盤は、ボールを保持して最終ラインから丁寧につないで相手を押し込もうとするベレーザに対して、大宮が前線から球際で厳しく寄せて自陣への侵入を許さない展開。7分には、ベレーザの連係ミスを拾った大宮のロングシュートがクロスバーを直撃するなど、ホームチームの思惑通りの展開に思えた。

 

ところが、ここから女王が貫禄の試合巧者ぶりを発揮する。最初は左サイドバックのポジションに張っていた宮川麻都が高い位置をとって中央エリアに入ってくると、最終ラインまで下りてきた三浦成美を使って、中盤の枚数を増やしてポゼッションに変化を加え、徐々に相手を押し込んでいく。12分には相手GKのリスタートを清水梨紗が高い位置でインターセプトし、そのまま頭で相手最終ラインの裏にボールを落とす。これに小林里歌子が抜け出してフィニッシュ。シュートは枠を捉え切れなかったが、ゴールへ向かうプレーが徐々に増えていった。ここから試合展開はベレーザが主導権を握る。ボールを前線に出し入れしながら、最終ラインも使いながらピッチを広く使って的を絞らせない攻撃を繰り出す。

 

均衡が崩れたのは30分、左からのコーナーキックをファーサイドでクリアされると、三浦がクリアボールを拾い、村松智子とのワンツーでラインブレイク。ニアサイドに鋭いクロスボールを入れると、打点の高いヘディングで植木理子が合わせてネットを揺らし、ベレーザが今季公式戦初ゴールを挙げた。37分には相手ペナルティエリア内まで侵入すると、一度戻したボールを受けた菅野奏音がワンフェイントを入れて左足を振り抜く。ゴール右隅を捉えたシュートは、惜しくも相手GKの好守に阻まれた。

 

後半に入っても主導権を持って試合を進めていくベレーザ。50分には菅野の絶妙なスルーパスに北村菜々美が抜け出してGKと1対1の場面を迎えるが、シュートはわずかにゴール右へと逸れた。追加点は67分に生まれる。右サイドに開いた小林がゴール前にクロスボールを入れると、ニアで相手に当たったボールがゴール前にハイボールとなって向かってくる。身体を張った遠藤純が競り合ってボールを後方に残すと、ゴール前に顔を出していた宮川がニアサイドを抜くシュートを決めて相手を突き放す。

 

後半の途中には交代カードを次々に切って様々な陣容を試す中で、84分にはカウンターのチャンスで植木がドリブルで持ち出し、右からスペースに入ってきた途中出場の山本柚月に通す。ペナルティエリア内で受けた山本は仕掛けて相手DFを剥がしてシュートを打つがブロックされる。そのブロックした選手にすぐさま伊藤彩羅がアプローチをしてボールを残すと、植木が詰めて3点目。その2分後には、相手を押し込んで一度はボールを失うも、カウンタープレスで奪い返してショートカウンターに移行し、アプローチし切れない最終ラインを前に植木が足を振り抜いてゴール左隅にハットトリックとなるチームの4点目を決めた。

 

前節は早い時間に先制されて守り切られたが、今節は早い段階で先手を取り、90分を通じて自分たちのペースを試合を運んだ。この勢いを次節につなぎ、今季初の有観客でベレーザサポーターが待つ味の素フィールド西が丘でのホームゲームに向かう。

続きを読む

監督コメント

竹本 一彦 監督

試合を振り返ってください。
今日はプレシーズンマッチの2試合目ということで、男女のプロチームを持つチーム同士の戦いということもありましたし、初戦で色々試したのですが得点がとれず、今日はまず得点を挙げることと2800人の観客が来た中でどれだけ自分たちのゲームができるかというところで試合に入りました。代表の合宿などがあってまだコンビネーションが徹底されてはいないので手探り状態ですが、今日は相手ゴールに迫る強気なプレー、攻守両面でそれを強調して試合に臨みました。 立ち上がり、相手にクロスバーに当たるシュートを打たれたり守備の強度が強かったのですが、徐々に自分たちのボールの保持から突破へと近付いていって、一番欲しかった得点という部分で、セットプレーのこぼれ球を拾ってワンツーで崩してから、三浦のクロスに植木が合わせて良いゴールが獲れました。後半、立ち上がりから相手の強度がまた高かったのですが、自分たちが徐々にリズムをとっていきながら、2点目、3点目、4点目と獲れたことが、今日のゲームに対して大きな収穫でした。 今回は交代をフルに使うというゲームプランを永田ヘッドコーチと考えて進めていたので、最後まで集中を切らすことなくできていました。大宮さんが最後までホームでファイトしてくれたので、私たちにとって良いゲームでしたし、スタジアムに足を運んでくれた皆さんが、もう一回ベレーザと大宮の試合を見に来ていただけるように、WEリーグを盛り上げるためにも、もっと中身の濃いゲームができるように進んでいきたいと感じています。

植木選手の評価をお願いします。
先日のジェフ戦ではシュートチャンスが何度もあったのですが、シュートを入れたいという気持ちからかなり力んで枠を外したり、GKの正面に打ったり空回りした感があったのですが、今日は1点目を得意なヘディングでとれたので後は落ち着いてプレーができていて、次のプレーを考えながらできていたと思います。ただ、まだまだ自分でシュートを打つところとか、人に打たせるところとか、FWらしく強気なプレーをもっとしてほしいと思います。まだまだ伸びる選手だと思っています。

昨季まで中央を割っていくこだわりがあったと思うのですが、今日は中を締められている中で、意図的にサイドを使ったのでしょうか?
そうですね。真ん中を締めてくるのが多くのチームだと思いますし、その真ん中をいくぞ、という気持ちは決して捨ててはいませんが、効率の面ではサイドに出ていくことも考えています。サイドに出る選手、今日であれば遠藤や植木のような突破力を生かしたり、スケールの大きいプレーを今年のチームには植え付けようと思っています。両サイドを生かすにも、ショートパスで時間をかけるのではなく、土光など後ろのラインからの大きな展開も含めながらサイド攻撃をしたい。そして、サイドに出た時に、一人ひとりの持ち味が出るように、遠藤であればスケールの大きさ、清水であれば攻撃参加からのクロスなど、チームにh場を持たせた攻撃を今年はより進めていきたいと思っています。

前線の3選手を試合中にスイッチさせた狙いは?
一人ひとり、遠藤、小林、植木とそれぞれに持ち味があるので、スタートは遠藤が右でスタートしていて狙いがありましたし、相手も対応してくるので時間帯によって並びを変えたりして、チームが幅広い攻撃ができるように進めています。試合前にミーティングでも伝えてあるので、タイミングは試合の中で決めていきます。

コメントを読む

選手コメント

MF 14北村 菜々美

本日の試合を振り返ってください。
ジェフ戦より相手があまり引いてこなかったので、スペースを使うことができたかなと思います。ジェフ戦はゴール前まで行くことは多かったですが、シュートが少なかったです。今日は試合前のミーティングで「シュートをどんどん打っていこう」という話になっていて、そこはみんなで意識できていたかなと思います。

ベレーザに加入して新しく気付いたことや手応えはありますか。
正直まだそこまでの手応えを感じていないので、これからもっと馴染んでいけたら良いなと思います。

前半20分頃まで苦戦していたように見えますが。
最初は相手も中から絞ってサイドに出たら来る、みたいな感じだったんですけど、後半は真ん中も空いてきて。そこから中央突破の回数が増えたかなと思います。後半は相手がサイドに開き気味だったので、サイドの選手に食いついた時に真ん中の選手がフリーで受けられることがあったので、ベレーザ的にはポジションはあまり変わっていないと思います。

コメントを読む

FW 9植木 理子

本日の試合を振り返ってください。
前節で負けてしまっていたので、チームとして勝てたというのが今日は1番大きいかなと思います。

得点シーンを振り返って下さい。
正直、去年は自分にとって悔しいシーズンになりました。今年はWEリーグというプロサッカーリーグが始まるので、プレシーズンマッチでも去年の分まで結果を出したいという気持ちが強かったです。そういった部分では3ゴールを決められたというのは自信にも繋がりましたし、良かったなと思います。チームの先制点という意味では1点目のヘディングは良かったなと思いますし、今シーズンはヘディングで得点を奪うシーンが練習試合で何度かあったので自分の武器になるかなと思います。個人としては自分の3得点目のカットインから決めたゴールが得意な形だったので、今まで練習してきた形が試合で出せたのが自信に繋がると思います。

今季、こだわって取り組んでいるトレーニングはありますか。
フォワードをやっている時にボールが入ってきたら、ワンタッチで前を向いてシュートにいくのか、パスを出すのか判断するというのをやっています。そういった部分では4点目が入った時も上手く前を向けて勝負できたので練習が試合に活きているなと思います。

やりやすいポジションはありますか?
どこが1番良いというポジションは特になくて、その場所に応じて自分ができることが違ってくるので、そこの切り替えは必要だなと思います。どこのポジションでも結果を出せる選手にならないといけないなと思います。

代表復帰に向けて今の好調は良いアピールになるのではないでしょうか。
サッカー選手として代表を目指すというのは当たり前というか、代表に戻りたいという気持ちはあります。今はチームで結果を残し続けることが自分が代表に戻るために1番必要なことだと思うので、チームで得点を取り続けたり、ゴールに関わり続けるのが今できることだと思います。

NACK5での有観客の試合はいかがでしたか?
前節はリモートマッチで、今日もベレーザのサポーターのみなさんはいなかったですが、お客さんがたくさんいて、応援してもらえるというのは選手として凄い力になりますし、やりがいがあるというか。お客さんは、頑張らなきゃいけないなと思わせてくれる存在なので、そういう意味では有観客での試合は楽しいなと思います。

次節のアルビレックス新潟レディースまでどのような準備を行いますか?
どの相手と対戦しても同じですけど、自分たちらしく。自分に関して言うならば、もっとゴールに向かって得点に関わり続けられるように頑張りたいと思います。

コメントを読む

試合一覧へ