株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

CLUB / STADIUMクラブ/スタジアム

クラブ情報

画像

1969年に日本初のプロサッカーチームを目指して、クラブチームとして誕生した「東京ヴェルディ」。
これまでの歩みを紹介します。

日本のトップリーグがまだアマチュアスポーツの域に甘んじていた1969年、プロを目指す日本初の「クラブチーム」として登場したヴェルディ。全員の高いプロ意識と洗練されたテクニックに裏打ちされたその攻撃的なスタイルは、当時の日本サッカーに衝撃的なインパクトを与え、とどまることのない快進撃と共に日本のサッカースタイルを変えたとも言われています。
また現在Jリーグが謳うアカデミーの充実と地域に根ざした活動をいち早く実践したのもヴェルディ。その、常に停滞を嫌い、異端児と時に言われようとも独自のスタイルを貫き通してきたサッカーイノベーター(改革者)の黄金の足跡を紹介します。

年号 所属リーグ
監督名
順位・タイトル 主なトピックス
1969年 東京都リーグB
リーグ優勝 「読売サッカークラブ」創部
10月、よみうりランドに天然芝のサッカー場4面が完成
1970年 東京都リーグA
リーグ優勝 関東リーグに昇格
1971年 関東リーグ
リーグ3位
1972年 日本リーグ2部
成田十次郎
リーグ7位 日本リーグ2部創設、加盟
成田十次郎監督就任
7月、与那城ジョージ、ブラジルから来日
1973年 日本リーグ2部
フランツ・ファン・バルコム
- フランツ・ファン・バルコム(オランダ)監督就任
与那城ジョージ15得点で得点ランキング2位
1974年 日本リーグ2部
フランツ・ファン・バルコム
リーグ初優勝 与那城ジョージ13得点で得点王
入れ替え戦、トヨタ自動車に敗戦
1975年 日本リーグ2部
フランツ・ファン・バルコム
リーグ2位 岡島俊樹(富山工高出身)21得点で得点王
与那城ジョージ、アシスト王
入れ替え戦、日本鋼管に敗戦
1976年 日本リーグ2部
西邑昌一
リーグ2位 西邑昌一監督、相川亮一コーチ就任
岡島俊樹15得点で得点王、与那城ジョージ、アシスト王
入れ替え戦、新日鉄に連敗
1977年 日本リーグ2部
西邑昌一
リーグ優勝 GK高田喜善、FWジャイロ(ブラジル) が永大産業より移籍
岡島俊樹11得点で得点王、与那城ジョージ、アシスト王
ラモス瑠偉、ブラジルから来日、 第7節帝人戦でデビューし初ゴール
1978年 日本リーグ1部
西邑昌一
リーグ4位 3月、日本リーグ1部昇格
1979年 日本リーグ1部
-
リーグ2位JSLカップ優勝 JSLカップ初優勝
戸塚哲也1軍デビュー 読売ユース、クラブユース選手権優勝
田中稔(フジタ)、 GK福本豊明(日立)が移籍
1980年 日本リーグ1部
西邑昌一
リーグ6位 都並敏史、上島康夫1軍デビュー 読売ユース、クラブユース選手権優勝
1981年 日本リーグ1部
相川亮一
リーグ2位 相川亮一監督就任 読売ユース、クラブユース選手権優勝
1982年 日本リーグ1部
相川亮一
リーグ5位
1983年 日本リーグ1部
相川亮一/千葉進
リーグ優勝 千葉監督代行就任
ラモス瑠偉が得点王、 与那城ジョージがアシスト王
1984年 日本リーグ1部
グーテンドルフ
リーグ優勝
天皇杯初優勝
グーテンドルフ(ハンブルガーSV元監督・西ドイツ)監督就任
戸塚哲也14点で得点王
1985年 日本リーグ1部
グーテンドルフ
リーグ9位 JSLカップ優勝 12月、武田修宏入団発表 読売ユース、クラブユース選手権優勝
1986年 日本リーグ1部
グーテンドルフ
天皇杯優勝 読売ユース、クラブユース選手権優勝
読売ジュニアユース、クラブジュニアユース選手権優勝
読売ベレーザ、全日本チャンピオンズカップ優勝
1986-87年 日本リーグ1部
与那城ジョージ
リーグ優勝 与那城ジョージ監督就任
ジノ・サニ特別コーチ就任
1987-88年 日本リーグ1部
与那城ジョージ
リーグ5位 天皇杯優勝 アジア・チャンピオンズカップ優勝
読売ベレーザ、全日本選手権優勝、全日本チャンピオンズカップ優勝、全日本選抜優勝
1988-89年 日本リーグ1部
与那城ジョージ
リーグ5位 読売ジュニアユース、クラブジュニアユース選手権優勝
読売ユースS、全日本サッカー決勝大会優勝
読売ベレーザ、全日本選手権優勝、全日本チャンピオンズカップ優
勝、全日本選抜優勝
1989-90年 日本リーグ1部
カルロス・アルベルト・ダ・シルバ
リーグ2位 コニカカップ優勝
読売ジュニアユース、高円宮杯優勝、クラブジュニアユース選手権優勝
1990-91年 日本リーグ1部
-
リーグ2位 読売ベレーザ、全日本チャンピオンズカップ優勝、日本女子サッカーリーグ優勝
読売ユース、クラブユース選手権優勝 カルロス・アルベルト・ダ・シルバ(元ブラジル代表監督)監督就任
オジロン・ギマランエス・アンドラージ(フィジカルコーチ)就任
三浦知良ブラジルより帰国し入団
1991-92年 日本リーグ1部
ジョセ・マシア
リーグ優勝
JSLカップ優勝
読売ユース、クラブユース選手権優勝
読売ジュニアユース、クラブジュニアユース選手権優勝
読売ベレーザ、日本女子サッカーリーグ優勝 ジョセ・マシア(前グアラニーの監督・ブラジル)監督就任
1992年 日本リーグ1部
ジョセ・マシア
ナビスコ杯Jリーグカップ・日本プロリーグ初優勝 チャンピオンズカップ優勝 「読売日本サッカークラブ」創立 読売日本SCユース、クラブユース選手権優勝
読売ベレーザ、日本女子サッカーリーグ優勝
1993年 Jリーグ
松木安太郎
Jリーグ初代年間優勝
サントリーチャンピオンシップ優勝サントリーシリーズ2位 ニコスシリーズ優勝
ヤマザキナビスコ杯優勝
松木安太郎監督就任
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)開幕
読売日本SCユース、クラブユース選手権優勝
読売日本SCジュニアユース、高円宮杯優勝
読売ベレーザ、日本女子サッカーリーグ優勝
1994年 Jリーグ
松木安太郎
Jリーグ年間優勝
サントリーチャンピオンシップ優勝 サントリーシリーズ4位 ニコスシリーズ優勝
ヤマザキナビスコ杯優勝
読売ベレーザ「読売西友ベレーザ」に改称
1995年 Jリーグ
ネルシーニョ
サントリーシリーズ2位 ニコスシリーズ優勝 ネルシーニョ監督就任
1996年 Jリーグ
ネルシーニョ
レオン(5月~)
Jリーグ7位 天皇杯優勝 5月、レオン(ブラジル)監督就任 読売日本SCジュニアユース、高円宮杯優勝
1997年 Jリーグ
加藤久
エスピノーザ(6月~12月)
川勝良一(12月)
年間15位
1stステージ16位
2ndステージ12位
加藤久監督就任
6月、エスピノーザ(ブラジル)監督就任
12月、川勝良一監督就任
1998年 Jリーグ・ディビジョン1
ニカノール
川勝良一(9月~)
年間12位
1stステージ6位
2ndステージ17位
ニカノール監督就任
9月11日、川勝良一監督就任
ラモス瑠偉選手最年長出場(11月14日柏レイソル戦:41歳9ヶ月5日)
1999年 Jリーグ・ディビジョン1
李国秀
松永英機
年間7位
1stステージ2位
2ndステージ10位
「日本テレビフットボールクラブ」に組織変更
李国秀総監督就任、松永英機監督就任
ヴェルディジュニア、全日本少年サッカー大会優勝
2000年 Jリーグ・ディビジョン1
張外龍
年間10位
1stステージ9位
2ndステージ10位
張外龍監督就任
2001年東京移転承認決定
ヴェルディジュニア、全日本少年フットサル大会優勝
日テレ・ベレーザ、日本女子サッカーリーグ優勝
2001年 Jリーグ・ディビジョン1
松木安太郎
小見幸隆(7月~)
年間14位
1stステージ16位
2ndステージ9位
2月東京移転、「東京ヴェルディ1969」に呼称変更
松木安太郎監督就任
7月、小見幸隆監督就任
日テレ・ベレーザ、全日本女子選手権優勝、日本女子サッカーリーグ優勝
2002年 Jリーグ・ディビジョン1
ロリ
年間10位
1stステージ12位
2ndステージ4位
4月、ロリ監督就任 日テレ・ベレーザ、日本女子サッカーリーグ優勝
東京ヴェルディバレーボールチーム、地域リーグ優勝、V1昇格
2003年 Jリーグ・ディビジョン1
ロリ
アルディレス(6月~)
年間8位
1stステージ10位
2ndステージ9位
6月、アルディレス監督就任 ヴェルディジュニアユース、高円宮杯優勝
ヴェルディジュニア、全日本少年フットサル大会優勝
FIFA女子ワールドカップUSA2003、ベレーザより日本代表6名選出
2004年 Jリーグ・ディビジョン1
アルディレス
年間9位
1stステージ9位
2ndステージ9位
天皇杯優勝 ナビスコカップベスト4
森本貴幸選手最年少デビュー(3月13日ジュビロ磐田戦:15歳10ヶ月06日)
森本貴幸選手最年少ゴール(5月5日ジェフ市原戦:15歳11ヶ月28日)
2005年 Jリーグ・ディビジョン1
アルディレス
石崎信弘(7月~)
バドン(8月~)
年間17位 7月、石崎信弘監督就任
8月、バドン監督就任
ヴェルディユース、全日本ユース選手権、日本クラブユース選手権優勝
日テレ・ベレーザ、なでしこスーパーカップ、国体女子成人の部(東京都代表)、日本女子サッカーリーグ、全日本女子選手権優勝
日テレ・メニーナ、全日本女子ユースサッカー選手権優勝 J2降格
2006年 Jリーグ・ディビジョン2
ラモス瑠偉
年間7位 ラモス瑠偉監督就任 日テレ・ベレーザ、モックなでしこリーグ優勝
2007年 Jリーグ・ディビジョン2
ラモス瑠偉
年間2位 ヴェルディジュニア、全日本少年サッカー大会、全日本少年フットサル大会優勝
日テレ・ベレーザ、なでしこスーパーカップ、なでしこリーグカップ、モックなでしこリーグ、全日本女子選手権優勝
J1昇格
2008年 Jリーグ・ディビジョン1
柱谷哲二
年間17位 「東京ヴェルディ」に呼称変更
柱谷哲二監督就任
日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ、全日本女子選手権優勝 J2降格
2009年 Jリーグ・ディビジョン2
高木琢也
松田岳夫(10月~)
年間7位 「東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社」に組織変更
高木琢也監督就任
10月、松田岳夫監督就任
日テレ・ベレーザ、全日本女子選手権優勝
2010年 Jリーグ・ディビジョン2
川勝良一
年間5位 川勝良一監督就任 日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ、プレナスなでしこリーグカップ優勝
ヴェルディユース、日本クラブユース選手権優勝、東京都サッカートーナメント優勝
2011年 Jリーグ・ディビジョン2
川勝良一
年間5位 ヴェルディユース、日本クラブユース選手権優勝
ヴェルディジュニア、全日本少年フットサル大会優勝
2012年 Jリーグ・ディビジョン2
川勝良一
高橋真一郎(9月~)
年間7位 9月、高橋真一郎監督就任 ヴェルディユース、プレミアリーグEAST優勝
日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグカップ優勝
日テレ・メニーナ、全日本女子ユースサッカー選手権優勝
2013年 Jリーグ・ディビジョン2
三浦泰年
年間13位 三浦泰年監督就任 日テレ・メニーナ、全日本女子ユースサッカー選手権優勝
2014年 Jリーグ・ディビジョン2
三浦泰年
冨樫剛一(9月~)
年間20位 9月、冨樫剛一監督就任 日テレ・メニーナ、全日本女子ユースサッカー選手権優勝
日テレ・メニーナ・セリアス、全日本女子ユースサッカー選手権(U-15)優勝
2015年 明治安田生命J2リーグ
冨樫剛一
年間8位 日テレ・ベレーザ、皇后杯、プレナスなでしこリーグ1部優勝
2016年 明治安田生命J2リーグ
冨樫剛一
年間18位 日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ1部、プレナスなでしこリーグカップ優勝
2017年 明治安田生命J2リーグ
ロティーナ
年間5位 「東京ヴェルディ株式会社」に組織変更
東京ヴェルディ、J1昇格プレーオフ進出
日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ1部、第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会優勝
2018年 明治安田生命J2リーグ
ロティーナ
年間6位 東京ヴェルディ、J1参入プレーオフ進出 日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ1部、プレナスなでしこリーグカップ1部優勝、2018皇后杯JFA第40回全日本女子サッカー選手権大会優勝
2019年 明治安田生命J2リーグ
ギャリー ジョン ホワイト
永井秀樹(7月~)
年間13位 東京ヴェルディ創立50周年 日テレ・ベレーザ、プレナスなでしこリーグ1部優勝、プレナスなでしこリーグカップ1部優勝、AFC女子クラブ選手権2019優勝、2019皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会優勝