株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

MATCH試合情報

2014Jリーグ ディビジョン2 第29節 - FC岐阜 vs 東京ヴェルディ

マッチレポート

【試合展開】

前節、ホームで横浜FCを圧倒しながら決定機を生かしきれずに1-1のドローで終えたヴェルディ。今節は敵地に乗り込み、FC岐阜を相手に自分たちのサッカーを展開して内容と結果の両立を目指す一戦となった。警告累積で鈴木惇と澤井直人を欠き、また左足を負傷したキローラン菜入も離脱する状況となった。鈴木惇の代わりにボランチには楠美圭史を置き、右サイドMFには安西幸輝を起用した。菜入が離脱したGKには、プロデビューとなるポープ・ウィリアムを抜擢した。

岐阜は、序盤から前線の難波とナザリトの2トップに早い段階でボールを預け、前線への圧力を強めてきた。高い位置でプレッシャーをかけてくる相手に対して、ヴェルディは後手に回って押し込まれる展開を強いられる。マイボールになっても、岐阜の素早い出足の前に持ち味のパスワークが影をひそめ、ロングボールと横パスを多用して相手に守備網にからめとられる悪循環に陥る。バイタルエリアへの侵入を許しつづけ、19分にはクロスボールを処理したこぼれ球が相手の前にこぼれ、太田に詰められて失点。ゴールカバーに入った選手の足先をすり抜ける、惜しい形での失点となった。反撃に出たいヴェルディは、28分に杉本竜士の仕掛けから決定機を作る。バイタルエリアでボールを受けた杉本が、シュートフェイントや反転を駆使して相手を翻弄してサイドを突破。岐阜守備陣の注意を引いてクロスを供給すると、ゴール前に飛び込んだニウドに合うが、ヘディングシュートは枠を捉えられなかった。29分には、最終ラインの背後へのボールを飛び出して処理したポープのフィードが前線につながり、安西がスペースへ飛び出して相手GKと1対1に。先に触った安西のシュートはゴールからそれた。立て続けに決定機を逸すると、リズムは完全に相手のものに。43分には、中盤でボールを奪われて2失点目。

テンポを変えたいヴェルディは、後半から楠美に代えて中後雅喜を投入。中後の展開力を生かして、ピッチを広く使って押し返したいヴェルディだが、自陣でスペースを消す岐阜に対して、有効な縦パスを入れられずにワイドにボールを動かす場面が目立つ。60分には、またもバイタルエリアに押し込まれた状態から豪快にシュートを叩き込まれて3失点目。3点のリードを許したことが重くのしかかり、その後も焦りからか攻撃の活路を見いだせず、中盤と最終ラインでのボール回しから縦にスピードアップするきっかけがつかめない。相手の出足の鋭い守備は後半に入っても衰えることはなく、最後までゴールを割れずに0-3で敗れた。

 

試合一覧へ