株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

MATCH試合情報

2017明治安田生命J2リーグ 第2節 - 東京ヴェルディ vs 大分トリニータ

マッチレポート

【試合展開】

前節、新シーズンの幕開けを敵地で迎え、徳島ヴォルティスに0-1で惜敗したチーム。ホーム開幕戦となる今節は、ぜがひでも勝ち点3でロティーナ新体制のお披露目に花を添えたい一戦となった。相手は1年でJ3からJ2への帰還を果たした大分トリニータ。前節、復帰初戦でアビスパ福岡から勝利をもぎとって勢いに乗る相手に対して、ヴェルディは若干のメンバー変更で陣容に変化をつけた。ボランチには中後雅喜の離脱に伴って井上潮音を起用し、3トップの右には梶川諒太に代えてアランを置き、センターにドウグラスを起用した。

 

両チームともに球際に厳しく寄せ合うスピーディーな展開の中、ヴェルディは選手同士の距離感を絶妙に保ってプレスをはがし、ボールを保持して試合を進めていく。14分にはドウグラスが倒されてゴール正面の絶好の位置でフリーキックを得る。高木善朗のシュートはわずかに上に逸れたが、徐々にポゼッションからバイタルエリアに侵入し始める。24分には井上がダイアゴナルに走る味方を囮に、左に流れながら左足できわどいコースへシュート。これはGKに阻まれたが、37分にはショートカウンターから井上のスルーパスに高木善が反応して抜け出すが、相手DFとGKにブロックされてゴールにたどり着けず。こう着したまま試合を折り返すかと思われた41分、ようやく均衡が崩れる。サイドを起点に相手のバイタルエリアまで侵入すると、左サイドに流れたボールに安在和樹が反応しクロスを供給。ファーサイドでフリーになっていたドウグラスのシュートは相手GKに阻まれたが、こぼれ球をドウグラスが粘ってマイナスに折り返すと、ニアに飛び込んでいたアランが豪快に蹴り込んでゴールネットを揺らす。アランの3シーズン連続となるホーム開幕弾でヴェルディが先制に成功した。

 

ホーム開幕戦での勝利を確実にするために、後半も猛攻で追加点を挙げたいヴェルディだったが、相手の勢いに押し込まれる。46分には自陣ペナルティエリアの深い位置まで侵入されてあわやというシュートを打たれると、50分にはアーリークロスに打点の高いヘディングで合わされてゴールを急襲されるが、柴崎貴広が抜群の反応で弾き出して窮地をしのぐ。反撃の一手は58分、右サイドのスペースでボールを受けた高木大輔がクロスを上げると、ファーサイドでアランがフリーでヘディングシュート。これは惜しくも枠を捉え切れなかった。61分には波状攻撃のこぼれ球に反応した安在が強烈なミドルシュートで狙うも、ポストに弾かれて追加点をならず。その後は、相手の猛攻に耐えながらカウンターで反攻に出る展開。数こそ少なかったものの、前が掛かりに攻める相手の背後を突いてあと一歩という場面は作り出した。最後は、無理をせずにセイフティーなプレーで勝ち点3に向けて試合をコントロール。完封でアランの虎の子の1点を守り切った。

 

次節もホーム味の素スタジアムで連戦となる。相手は、今節のゴールラッシュで勢い付く水戸ホーリーホック。昨シーズン、ホームで完敗を喫した悔しさを晴らし、昨シーズン果たせなかった連勝で開幕ダッシュの足掛かりとしたい。

 

 

【試合後選手コメント:FW 7 アラン・ピニェイロ選手】

――試合を振り返ってください。

「ゴールを決めることができて嬉しく思います。それによってチームが勝利できたことは素晴らしいですし、チーム全員で最後まで走り続けて結果が出たことは、すごく良かったと思います。チーム全員に拍手を送りたいと思います」

――ゴールシーンを振り返ってください。

「ドウグラスが打ったシュートのこぼれ球を折り返してくれたので、あとは自分がシュートを打って決めるだけでした」

――サポーターに向けてメッセージをお願いします。

「最後まで応援してくれてありがとうございました。次も味の素スタジアムで大事な試合があるので、引き続き応援をよろしくお願いします」

 

 

【試合後選手コメント:GK 1 柴崎貴広選手】

――Jリーグ通算101試合目という新たなスタートの一戦で勝利に貢献し、MVPも獲得できましたが。

「MVPはオマケだと思いますが、ホーム開幕戦で勝てたことが素直に嬉しいです」

――前半に関しては開幕戦に比べ、ボール回しの部分で改善できていた印象でしたが。

「相手のフォーメーションに対しての選手間のポジションであったりを練習していたので、そこは問題なくできていたと思います。ただ、もっと相手に脅威を与えるボール回しができれば良かったと思います」

――後半に関しては立ち上がりから相手の勢いを受ける展開になってしまいましたが。

「自分たちが先に点を取ったので、予想できる展開でしたが、何とか対処できました。結果的に点を取られなかったので、そこは良かったと思います」

――相手の決定機をビッグセーブで救う場面もありましたね。

「なかなか良い選手が揃ったチームなので、危ないシーンが全くないというのは難しいですが、できるだけそういうシーンをチームとして減らしていきたいです」

――個人的には新たなスタートを良い形で飾れたのではないでしょうか?

「そういう意味ではとても良いスタートになったと思います。ただ、すぐに次の試合も来るので、その余韻に浸るのは今日だけにして、また明日からしっかりとやっていきたいです」

――ホーム開幕戦でサポーターにも勝利の喜びを届けられましたね。

「ここから選手もサポーターも互いに良い方向に進んでいけるよう、一緒に頑張っていきたいと思います」

 

 

【試合後選手コメント:DF 3 井林章選手】

――チームとしてやろうとしていることが、安定してできていた印象ですが。

「とりあえず、大分はウチとやろうとしていることが似ているので、ハマったら裏返して、パスを出すところがなかったら、フォワード目がけて蹴ってしまうという感じなので、時間が経つに連れて前線にボールが収まりだしての得点だったので、そこは良かったと思います」

――後半耐える時間が続いた中で3バックの間でどんな声掛けをしていましたか?

「特別にやることが変わるわけではないので、いつも通りのプレーをしていました。とにかく、スライドなどやるべきことをサボらず、両脇と声を掛けつつ、距離感を常に意識することが大事だと思います」

――後半に関しては前でボールを落ち着けられない時間が続きましたが、チーム全体の意識統一という面ではいかがでしたか?

「後半は自分たちがボールを持つ時間が少なく、押し込まれて手を焼く時間が多かったので、自分たちがボールを持って、相手を走らせることが、自分たちのやるべきサッカーなので、次の試合では変えていきたいです」

――試合前にケガで離脱中の澤井直人選手に向けて背番号14のTシャツを着ていましたが、あれは選手からのアイデアですか?

「たぶん、マネージャーとかのアイデアだったと思います。彼にとってはかわいそうな出来事だったので……。クラブハウスにも顔を出していて、今日もスタジアムに来ていたので、元気そうでした」

 

 

【試合後選手コメント:MF 27 橋本英郎選手】

――ヴェルディデビューでしたが、試合を振り返ってください。

「まずはスタジアムに来た時に、個人的にこれまでの経験からアウェイの感覚があったので、すごい違和感を覚えながらアップをしていました。試合に関してはどんな感じで出るのか掴めていない中で、急きょ出ることになりました。一番しんどい時間というか、流れが速くなっている時間での出場だったので、『酸欠になるんかな』という気がしている中、案の定そういう展開になりました。なかなか落ち着ける時間を作れなかったので、しんどかったです。ただ、最終的に勝てたことが良かったです」

――投入直後から身振り手振りで周囲に指示を出していましたが。

「全体的に間延びしている傾向があったので、後ろの部分にちょっと感覚的に伝えたいこともありました。間延びしているところで、もっと高い位置を取った方がいいのではないか、サイドに流れ過ぎているという部分とか、そういう部分でチャレンジしてほしいところもあったのですが、なかなか指示して簡単に変えられる状況ではなかったです」

――投入された時間に関しては、攻めるよりも落ち着かせたいという意識が強かったですか?

「僕が入る前にはチャンスも何回かありましたが、入った時には前線のアランとドウグラスが死んだように疲弊していたので(笑)。ここで攻めるべきか、という気持ちもあったので、攻めるよりも自分たちがボールを持つ時間を増やしていくと思っていました。そういう形で全体でボールを前に運べれば、彼らも良いプレーを出していけると考えていました。ただ、そこらへんは上手くいきそうでいかなかったです」

――ピッチの広いエリアをカバーしていましたが。

「監督から言われていた部分でもありますし、なかなか他の選手があの時間帯に良い状態ではなかったので、そういう意味で自分がカバーせざるを得ない状況でした。ただ、最終的に梶川君や途中で入ってきた選手たちが、体力的に助けになってくれた部分がありました。そこは大きかったです」

――デビュー戦で今季初勝利という結果でしたが。

「確かに良かったと思いますが、個人的にはそこまで良かったとは思っていません。ただ、結果だけがとりあえず付いてきたかなとは思っています。みんなは去年の最後3連敗で終え、ホームでもしばらく勝っていなかったということなので、そういう意味ではみんなのマインドが変わったという感じはしています」

――監督からご自身の経験が今後の戦いに向けて重要になるという声もありましたが。

「そこが足りない感じはすごくしました。(永田)ミツルもそこは感じていると言っていましたし、終わった後に臆病になっている部分を感じたので、そのへんが新しい監督の下でチャレンジしている部分でもあるので、開幕が自分たちの思い描いた形ではなかったぶん、今日はしんどい思いもしましたが、勝つことが今後良い方向に作用するといいと思います」

――得点力不足が課題の中、流れの中から得点を取れた意味は大きいですか?

「思った以上にチャンスを作れていた印象でしたが、もう少し自分たちが積極的に行ければ、もっと点を取れた感覚もあります。開幕戦で福岡と大分が対戦した時に比べ、今日の大分はそこまで良くなかったので、だからこそもっとチャンスがあったと思います」

――監督からは守備にはある程度手応えを感じているという話もありますが。

「どうですかね。相手がパワフルにやってきたのは前の3人だけだったので、分厚く攻められた時にどうなるのか、という部分はあります。今日も最後の方は危なかったと思いますし、相手も人数をかけていたので。単純なクロスでしたが、合わせられていたりもしていたので、まだまだだと思います」

――押し込まれた時間帯に中を絞る意識が非常に強かったですが、あの形で問題なかったでしょうか?

「それがベースではあるので。ただ、サイドからクロスを上げさせてもいいという感覚よりも、簡単に上げさせてしまっていたという感覚です」

 

 

【試合後選手コメント:MF 20 井上潮音選手】

――監督から『私たちにとってのメッシ』という声もありましたが。

「僕というよりか、ボランチがいかにボールに絡むかが大事なので、今日の前半と後半は、そこが目に見えて大きく違ったと思いますし、前半のプレーを続けられれば、僕たちがもっと主導権を握りながら、攻撃も守備もできると思うので、そうなれれば、このチームはもっと強くなると思います。監督はそういう意味で言ったのだと思います」

――内田選手と良い役割分担をしてプレーできていた印象ですが。

「僕が攻撃に出るというよりは、左右でウチ君が出たら僕が下がって、僕が出たらウチ君が下がってというふうに、1人が前に出たらもう1人がリスク管理を絶対にするという感覚でバランスをみながら、コミュニケーションを取ってやっていました」

――アラン選手が潰れたボールを拾って惜しいスルーパスもありましたが。

「スルーパスも選択肢の1つとして良かったと思いますが、自分が仕掛けてシュートでも良かったのかなとは、パスを出した後に思いました。もっと積極的に仕掛けることを大事にしたいです。やっぱり、最初からパスを出すのではなく自分でゴールを取るという選択肢を持った方が、もっと恐い選手になれると思います」

――筋肉系の違和感での交代という話でしたが、今は問題ない感じでしょうか?

「大丈夫は大丈夫ですが、やっぱり90分間出ないとダメです。僕自身、今日の試合に関しては心残りがありますし、90分間プレーするために筋力の強化であったり、食事や睡眠など、もっと普段の生活から見直して、90分間を通して存在感を発揮できるように、もっと意識を高く持って色んなことに取り組んでいきたいです。もっとプレーしたかったので、今後はこういったケガを減らしていきたいです」

――勝利に繋がる貢献はできたと思いますが、いかがですか?

「自分が攻撃に絡んで攻撃に良いリズムが出たと思いますし、主導権を握った状態の中で点が取れたと思うので、直接は絡んでいませんが、ボランチが多くボールに触っていたからの得点だとも思います。とにかく、勝てたことが良かったと思うので、これを続けていくことが大事だと思います」

 

 

【試合後監督コメント:ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督】

――試合を振り返ってください。

「前半は互角だったと思います。良いプレーができていましたが、前半は両チームともに互角の戦いをしていたと思います。後半のはじめ、相手に2度チャンスがありました。その後にコチラは3回ほどチャンスを作れました。その後、相手はゲームを支配して、私たちはゲームを支配されました。引き過ぎていたと思いますし、良いディフェンスができていなかったと思います。ファウルも多かったと思います。今日は良いプレーをする相手に勝ったという印象でした」

――前半に関しては大分の良さをうまく消していたように見えましたが、この試合におけるポイントをどのように捉えていましたか?

「(大分の印象は)攻撃はよりオートマチックにトレーニングされていて、オートマティズムがしっかりとしたチームだという印象を持っていました。また、スピードがある選手が多く、ライン間でボールを受ける選手も多いと思います。内側のパスコースを、後ろがしっかりとスライドしてディフェンスするということを、強調していました」

――後半の最初の交代で井上潮音選手から橋本英郎選手に交代した意図を聞かせてください。

「交代はシオンが筋肉系に違和感を覚えていたので、代えました。シオンは私たちにとってメッシのような存在です。いつも良いプレーをしてくれます。私たちにとって、とても重要な選手です」

 

「ハシ(橋本)は経験を持った選手で、今日も非常に良いプレーをしてくれたと思います。ウッチーとシオンがファーストチョイスで、彼らには若さというアドバンテージもあります。ただ、ハシについても非常に重要な選手で良い選手だと思います。今後より重要な選手になっていくと考えています」

 

――ヴェルディで初勝利ですが、始動から今日までの歩みに関しての印象を聞かせてください。

「ディフェンス面は悪くないと思います。2試合で1失点というのは悪くない数字です。それは非常に重要なことです。しかし、攻撃は1点しか取れていません。それは良くないことです。先週の後半は良いプレーができていて、今日の前半に関しても良いプレーだったと思います。私たちのアイデアとしては、ディフェンス面に関しては同じアイデアで、より向上していくこと。攻撃についても、よりチャンスを作れていると思いますし、ゴールの可能性も高くなってきていると思います。これからに関しては、今まで1試合の中で45分間しか良いプレーができていないので、それを90分間できるように、次の試合にまたどうなるか、修正していきたいと思います」

続きを読む

試合一覧へ