株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第24節 - アビスパ福岡 vs 東京ヴェルディ

マッチレポート

180721result_w.jpg【試合展開】

前節、レノファ山口FCに3-1で勝利して連敗を止めたヴェルディ。1週間で3試合を戦う真夏の連戦は、首位と勝ち点6差という上位進出の願ってもないタイミングで迎えることになった。連戦の初戦は敵地に乗り込んでアビスパ福岡と対峙。上位との直接対決は、当地の気温同様に熱い意味合いを持つこととなった。

ヴェルディは前節のメンバーがベース。前線の3枚に変化を加え、右ウイングに新加入の泉澤仁、左ウイングには前節で決勝点を決めた李栄直を置いた。

まだ日が残る蒸し暑い中での一戦は、お互いに慎重な立ち上がりになった。福岡がボールを保持して主導権を握る時間帯があれば、ヴェルディがマイボールを保持して押し返す時間帯もあり、互いに一歩も退かない一瞬の隙も許されない展開が続く。ともに最終ラインが粘り強い対応を見せ、フィニッシュの場面を作れない。その中で両チームを通じて最初の決定機を作ったのはヴェルディ。24分、ペナルティエリアの右角でクリアボールを拾うと、縦に仕掛けて完全にマーカーを振り切ると、ゴール前を横切るクロスを供給する。ファーサイドに流れていたドウグラスが相手GKの位置を見極めてヘディングでゴールに流し込むが、これはゴールカバーに入ったDFにクリアされてしまう。李がゴール目前で頭で合わせる場面など、サイド攻撃でチャンスを作ったヴェルディが手ごたえを持って前半を終えた。

後半に入ると、一転して福岡が圧力を強めてくる。前からのプレスに対してビルドアップが思うようにいかず、長めのボールを入れてドウグラスに起点を作らせようとするが、後方からのサポートや押し上げが足りずに攻撃が単発に終わってしまう。ただし、守備ブロックを形成するという点では、ある程度割り切った戦い方で、相手の攻撃に決定的な場面を作らせない。バイタルエリアを締めて対応を続けている中で、76分には強烈なミドルシュートで強引にゴールを狙われるが、ゴール隅に飛んだボールは上福元直人が鋭い反応でゴールからかき出した。押し込まれ、ボールを縦に運ぶことも叶わず、セカンドボールも拾えない展開が続くが、もう一人の新加入選手がガラリと展開を変える。80分、ドウグラスに代えてレアンドロを投入。すると、レアンドロがボールを収めて高い位置で味方がサポートする時間を作り、相手陣内に入っていく場面が増えていく。球際の攻防でも強さを発揮し、正確かつ怖さを相手に与えるプレーで相手の圧力を押し下げた。ゴールこそ奪えなかったが、味方の援護射撃がある早い時間帯に出場したり、コンビネーションが深まることで非常に楽しみな存在になりそうだ。

結果的にはスコアレスドローだったが、我慢比べのような試合で、最後まで焦れずにプレーを続けた点にチームの成長を見出したい。勝ち点3をとれるに越したことはないが、苦しい展開を強いられた中でも勝ち点1をもぎ取ってきたことが重要だ。大切なのは、連戦の中でこの勝ち点1に大きな意味を与えられるかどうか。そのためには、まず次節のアルビレックス新潟戦は勝利が至上命題だ。上位浮上のきっかけを掴むために、限られた準備期間の中で最善を尽くしたい。

続きを読む

監督コメント

ミゲル アンヘル ロティーナ 監督

試合を振り返ってください。
とても拮抗した両チームがゲームを支配する時間帯がありました。前半は思っていた以上に我々のプレーができました。ボールを持った時も、守備の時も、チャンスを作らせませんでした。後半、より福岡がプレッシャーを掛けてきて、相手のほうが押し込んできた、という試合でした。

泉澤選手を右サイドで使った理由は?
我々のシステムをなかなか変えないように、やり方をできるだけ変えないように、そういった意図で仁を右にしました。仁が左の方が得意というのは分かっていて、その上での決断でした。

レアンドロも含めた今日のパフォーマンスについて
彼は12分しかプレーできなかった。早めに3枚目の交代カードを切るリスクを考えて、今日は12分だけのプレーになりました。相手がよりボールを支配している中で出ていって、彼のクオリティを発揮してくれたと思います。ライン間でボールを受けてそのプレーを継続させる。そういったプレーを発揮してくれました。

コメントを読む

選手コメント

MF 6泉澤 仁

ヴェルディデビューでしたが、本日の感想は?
久々に試合に出て、右サイドというのもあって、なかなか自分の持ち味を発揮する場面は少なかったですが、徐々にチームに慣れて良い結果になるのではないかと思います。

仕掛けていく姿勢は貫いたように見えました。
でも、何回かだけですが、もっと仕掛ける場面をふやしていかないといけないのだと思いました。

周りとのコンビネーションの件は?
立ち位置は監督からも色々言われているので、幅をとるとかしっかりできたのかなと思います。

渡辺選手と絡んでサイドを崩していく場面もありました。
もっとそういう場面を増やしてくれたら、ゴールにつながると思っています。

新潟戦に向けた意気込みは?
高校時代にお世話になったクラブですし、負けたくないという気持ちは強いです。

次節に向けてメッセージをください。
今日は勝ち切れなかったので、次はホームでサポーターの皆さんの力を借りながら、勝ち点3をとりたいと思います。

コメントを読む

FW 10レアンドロ

ヴェルディでのデビュー戦でした。
私の最初の試合は勝利で終わりたかったですが、福岡も強いチームで残念ながら引き分けに終わりました。でも、アウェーで勝ち点1をとれたことは良かったと思うし、ポジティブに捉えたいと思います。

短い時間でも見せ場を作りました。
しばらく試合をしていませんでしたし、まだチームに合流したばかりですし、なかなか上手くいく回数は少ないですけど、トレーニングをしてきましたし少ない数ですがチャンスを作れたと思います。これからもしっかりとトレーニングを継続して、目標であるJ1昇格を目指して戦っていきたいと思います。

J2は上位陣が混戦ですが、ヴェルディに対してどのような貢献をしたいですか?
J1昇格に向けて、上位とはポイント差もそんなにありませんし、良いトレーニングと良いゲームを積み上げて、目標に向かっていきたいです。

次節に向けて意気込みをお願いします。
チームの勝利のために、グラウンドに入った選手は、仲間と助け合って戦わなければいけない、勝利のためにしっかりと戦っていきたいと思います。

コメントを読む

関連動画

試合一覧へ