株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第34節 - FC岐阜 vs 東京ヴェルディ

マッチレポート

【試合展開】

前節、ホームでロアッソ熊本に2-2で引き分けたヴェルディ。今節からはFC岐阜、栃木SCとのアウェー連戦を戦う。流れを引き戻したいヴェルディは、メンバーに変更を加えた。奈良輪雄太を右サイドバックに移動し、左サイドバックには香川勇気をリーグ戦初スタメンで起用。アンカーには開幕から連続出場を続けてきた内田達也に代えて井上潮音を置いた。インサイドハーフは佐藤優平と梶川諒太がコンビを組んだ。前線では左ウイングに泉澤仁を起用した。

 

序盤こそボールを保持した岐阜に攻め込まれ、また前からのプレスをはがす際に精度が落ちてリズムを掴めない。落ち着きを取り戻して後方からのビルドアップを取り戻すと、最終ラインを経由してワイドな展開から相手ゴールへと迫っていく。4分には、左サイドで藤本寛也と佐藤のコンビネーションから佐藤のクロスをゴール前でドウグラスが競り合い。こぼれ球に詰めていた梶川がワンタッチでゴールを狙うが、枠を捉らえ切れない。その後もコンビネーションから相手ゴール前には迫るものの、フィニッシュまで至らずに攻撃を終えてしまう。すると、流れは徐々に相手に傾いていく。サイドを起点に攻撃を仕掛ける相手に対して、ヴェルディは中盤でボールを奪えずに自陣に押し込まれて対応する。39分には風間にスペースへと飛び出されてピンチを迎えるが、シュートは枠から逸れた。前半終了間際には、中盤でのボールロストから同じように風間にゴール前のスペースへと抜け出されると、振り切ったシュートをゴールに叩き込まれ、リードを許して前半を終える。

 

切り替えて反撃に出たいヴェルディは、序盤から好機を創出する。立ち上がりの井上のシュートはポストに弾かれたが、相手に反撃の意図を伝えるのに十分なインパクトのあるシュートだった。そして56分、最終ラインへのプレッシャーをワンタッチではがすと、自陣浅い位置にいた藤本がコントロールして最終ラインの裏へ。ドウグラスが相手の最終ラインに合わせて戻りながらスペースへと飛び出す。DFがカバーに戻ってきたが、右サイドから中央に切れ込んだドウグラスは左足を振り抜き、ゴール右隅へと流し込んで同点に追いついた。一気に試合を決めにかかりたいヴェルディは、同点弾の直後に動く。藤本に代えてアランを、佐藤に代えてレアンドロを投入し、フィニッシュに絡むタレントを厚くそろえた。レアンドロ投入後もボールを保持したヴェルディは、ブラジル人トリオのコンビネーションからゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠く。79分、ドウグラスが起点になってペナルティエリアに侵入すると、レアンドロが狙いすましたシュートを打つがGKの懐に収まった。86分には右サイドに開いた渡辺皓太が浮き球に相手より先に反応してループパスを最終ラインの背後へ。タイミングよくレアンドロが抜け、GKと1対1を迎えて相手GKをかわしたが、ゴールに押し込む前に相手DFにクリアされた。その後は岐阜の圧力に押されて攻撃に出られず、逆にバイタルエリアでフィニッシュまで持ち込まれて“あわや”という場面を作られた。試合はそのまま1-1で終了し、ヴェルディは2試合連続の引き分けとなった。

 

上位争いに食らい付きたい立場としては、2試合連続の引き分けは足踏みと言われても仕方がない。ただし、勝ち点をひとつもとれなかったわけではない。修正しなければならない部分をこの1週間で徹底して突きつめ、また次の一戦に向けて最善の準備を進めていく。

続きを読む

監督コメント

ミゲル アンヘル ロティーナ 監督

試合を振り返ってください。
前半のスタートは良かったと思います。ボールを持って、彼らのペナルティエリアの近くまで入って行くことができました。おそらく15分あたりから、彼らがよりボールを握ってゲームを支配して、我々は下がってディフェンスする必要がありました。ボールを持った時も深さをとることができず、前半のチームのできはスキルがありませんでした。後半、より高いインテンシティでゴールを狙うことができ、1-1になった後も3枚交代して試合をとりに行きました。よりチャンスを作ることができましたが、逆に岐阜もチャンスを作っていたことも事実です。おそらく、引き分けという結果は妥当な結果だと思います。

今まで出場していた内田達也選手の代わりに、井上潮音選手を起用した理由を教えてください。
まずはシオン(井上)が良いトレーニングを続けていて、天皇杯でもとてもいいプレーをしました。内田はずっと出続けていたので、今週はフィジカル的にもメンタル的にも休養を与える必要があると思い、休ませました。

1-1になってから攻め合いになる中で、中盤の列でボールを奪えない要因は?
まずはボールを失うという面については修正する必要があると思います。特に岐阜のように、長い時間ボールを持ってプレーするチームに対して、あのようなボールの失い方をすることは我々にとっては痛かったと思います。もうひとつは、岐阜は良いプレーをしたということです。最近は結果が出ていないかもしれませんが、彼らは昨年からとてもいいサッカーをずっと続けてきていて、私も好きなサッカーです。今は下位にいますが、もっと上にいることがふさわしいチームです。そういうチームと戦っていることを忘れてはならないと思います。

コメントを読む

選手コメント

FW 9ドウグラス ヴィエイラ

試合を振り返ってください。
我々はアウェイに勝ち点3を獲りに来ましたが、今シーズン残り数試合となって、この結果は我々にとっていい結果ではなかったかもしれません。しかし、この引き分けというものをポジティブに捉えて、ピッチの中で起こっている細かな問題点を修正しながら、また次に向かっていきたいと思います。

今日のゴールシーン、狙い通りのコースではなかったように見えました。
上手い形で抜け出して、ドリブルで中にカットインした時にはもうシュートのイメージができていました。逆サイドに打とうと思っていましたが、相手のキーパーが視野に入っていて、キーパーも動きを読んでいたので、逆のサイドに打ちました。入ってくれてよかったです。嬉しいです。

次節に向けて意気込みをお願いします。
この先に向けて、次の試合も多くのサポーターの方に駆けつけていただきたいと思います。彼らのサポートは必要ですし、サポーターとともに勝ち点3を獲りに行きたいと思います。

コメントを読む

MF 20井上 潮音

久しぶりのスタメンでした。試合の入りはどうでしたか?
立ち上がりの5~10分は勢いを持つことができたんですけど、徐々に相手にボールを持たれる時間が長くなって、自分たちの奪われ方も悪かったので、前半は特に相手のペースに持っていかれたかなという印象はあります。

井上選手のダイレクトプレーから梶川選手のシュートで終わる、というような良いプレーがだんだん出てきました。
前半の立ち上がりは、自分も含めてみんなテンポよくボールに関わって、ボールを回すことができました。ある時間帯からボールの失い方が良くない場面が何度か続いて、相手もああいうチームなのでボールを持たれる時間が長くなり、徐々に自分たちのリズムを崩してしまったかなと思います。

バイタルに相手がポイントを作ってきて、そこに何回か収まったシーンがありました。自分の後ろのところは気にならなかったですか。
今日は、守備の部分に関しては、特に自分の周りを上手く使われているなという感じはしましたし、もう少し気を使って中を締めるとか、距離感を良くして戻る、ということをできればよかったのかなと思います。

コメントを読む

DF 3井林 章

試合を振り返ってください。
前半の半ばぐらいから、ある程度相手に支配される展開になりました。失点の時間帯が悪かったというのは反省点ではありますが、とったボールをいかに自分たちでマイボールにするかというのが大事だと思います。今日はカウンターが多くて、繋ぐ上でのミスもあったし、繋ぐ相手に対して、マイボールにするチャンスを絶対見逃してはいけないと思います。それが少なくなればなるほど、より自分たちがボールを持つ時間が少なくなってしまうので、そこに対してのパワーの持っていき方を一人一人がちゃんと考えないと厳しくなってしまうのかなと思います。

勝ち点1で十分な相手に対して、中盤で奪って前に行くことがなかなかできませんでした。
若干暑かった部分もありますし、いつもの試合より相手に動かされる分、どんどん前に行く体力の消費がありました。特に中盤で、数的優位を作ろうとするのが岐阜のサッカーなので、しょうがないといえばしょうがないです。逆に交代で出てきた選手たちが結果を残せるようにできたら、後半はよりオープンな展開だったので良かったとは思います。

渡辺選手が出てきてすぐ奪ったような展開が理想ですか?
個の打開は大事だと思います。今日は相手がマンツーマン気味で来ていたし、オープンになればなるほど、得点のシーンもそうですが、結局1対1で勝てればあのように得点に繋がるので、前半からもっと増やしていければよかったと思います。

後ろからなかなか出しどころが中盤になかったように見えました。
ないわけではないですが、結局1対1で剥がせなくて、マンツーマンになってしまうと上手くいってないようになってしまいます。形を作ろうとはしているけど、ひとつ剥がせないからあのようにはまってしまう。個での打開も大事ですし、2~3人でのコンビネーションというのをもっと出せればよかったと思います。

コメントを読む

関連動画

試合一覧へ