日本瓦斯株式会社
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド
ATHLETA
ゼビオグループ

MATCH試合情報

2022明治安田生命J2リーグ 第4節 - ザスパクサツ群馬 vs 東京ヴェルディ

マッチレポート

監督コメント

堀 孝史 監督

本日の試合を振り返ってください。
立ち上がりはちょっとフワッとした感じで入ってしまい、相手の厳しいプレスや気候の部分もあったのかもしれませんが、ちょっとそこに課題が残ったゲームだと思います。ただ、その後に選手たちはしっかりと戦ってくれて、交代で入った選手も含めて90分戦って、全員でポイントを取れたことは良かったと思っています。また、次に向けてしっかりと準備して臨みたいと思います。

ゲーム中やハーフタイムにかけてどういった部分を修正していきましたか?
攻守に渡って何点か話しました。攻撃の部分では具体的には言及できないですが、もうちょっとじっくり攻めることも重要だというところや、守備に関しては少し相手のボランチの選手に対する制限が少なかったので、そこをどうにかもう少しコンパクトにして制限をかけられるようにと伝えました。

山本選手を後半途中からリベロからフロントボランチに上げて、梶川選手をリベロに配置した狙いを聞かせてください。
ひとつは選手の疲労を考慮しました。あとは自分たちが攻撃を始める際ボールを出していくところは、そこまでストレスがないと感じていたので、そこら辺の仕事をカジ(梶川)にやってもらい、(山本)理仁はより最後のところでの仕事をできればという部分で変えました。理仁の良さを生かしながら、カジの良さも出したいというところでの考えでした。

後半途中の3枚替えに関して杉本選手と阿野選手を中央の位置で起用した狙いを聞かせてください。
得点を取るためというところと、ボールを落ち着かせる狙いがありました。守備のところでも2人は非常にハードにやってくれますし、理解力もあるので、得点の部分とボールを落ち着かせる部分、あとは守備のところでも前から相手を規制できるようにという考えでした。

今季ここまで無失点の群馬を相手に勝ち切れたという部分でチームへの評価を聞かせてください。
本当に良いチームでしっかりと整理され、ハードワークもしてくるチームだったので、こちらも押し込むことができた一方で、そこから先の冷静さというか、そういう部分をより出すために交代をしたりしましたが、本当に最後に得点することができました。何回かチャンスはありましたが、その辺を選手たちがしっかりと見極めてやってくれたと思います。

今日の試合では左サイドに入った新井選手が攻守両面で存在感を示したと思いますが、その評価を聞かせてください。
(新井)瑞希だけでなく、本当にみんなが戦ってくれたと思いますし、選手たちは交代選手もいるという中で、しっかりと自分の持っているモノをピッチに出ている間に出してくれていたと思います。

コメントを読む

選手コメント

MF 6山本 理仁

今季初ゴールを振り返ってください。
なかなか群馬さんも堅い守備をしていた中、チャンスらしいチャンスを作れていなかったですが、あそこに(バスケス・)バイロンが相手を引き付けた上で出してくれたので、最初は右足でのクロスを上げようと思っていて、中を見たら自分がフリーだったので、運んで運んで最後はシュートかクロスという部分で、シュートも少なかったので、一度打ってみたら良いところを抜けて入ってくれたので良かったです。

ゴールシーンは相手の股の間を意図的に狙ったのでしょうか?
正直、狙っていなかったです。うまいところを抜けてくれて良かったです。

ゴール直後にはヴェルディサポーターのいるゴール裏にすぐさま走っていきましたが?
あまり慣れていないのでどこに行くべきか迷ったのですが、ああやってサポーターと喜びを分かち合えたことは良かったと思いますし、今後は味スタであったりで、ここから何試合もそういう場面を作っていければと思っています。

今シーズンを通して10ゴール10アシストを個人の目標に掲げていますが、開幕4試合目での初ゴールをどのように感じていますか?
これからだなという気持ちもありますし、早い段階で決められて良かったという気持ちもあります。ただ、去年は開幕戦でいきなり決めて、それでストップしてしまったので、ここからコツコツと積み上げていきたいと思います。

試合を通して苦戦を強いられた中、前節とは異なり勝ち点3を持ち帰られることは大きいと思いますが?
今までの自分たちであれば、最後まで(ゴールを)こじ開けることができずに、最悪は相手のカウンターから失点して負けるという試合もありました。ハーフタイムにも「こういう試合を落としてはいけないぞ」とチーム内での声掛けもありましたし、決して良いゲームではなかったですが、こうやって勝ち切れたという部分が自分たちの成長だと感じています。こうやって勝った中でビルドアップや崩しのところなど、内容の部分を修正できれば、すごく大きいと思うので、そういう意味で自分たちの成長を実感できています。

前半に関してはボールの循環のところで難しい状況になりましたが、相手の守備のイメージはいかがでしたか?
なかなかボールを取りに来なくて、中に入ってきたところで締めるという守備だったので、自分もなかなか前を向いてボールを受けられず、少しイライラしながら試合が進んでいました。何度かサイドからクサビを打ち込んで、そこからシュートに持ち込めるシーンがあったので、ハーフタイムにはそういった形をもう少し増やしていこうという声を、カジくん(梶川)や(新井)瑞希くんが上げていたので、90分を通して相手を崩すことができたのかなと思います。

今季ここまで無失点の群馬に対して、どのような攻撃面やゲームコントロールをイメージしていましたか?
群馬さんが無失点というところは、逆にこちらとしては攻撃的なチームとして崩してやろうという気持ちが強かったです。練習の中からチームとしての共通認識や、どうやって崩していこうかという話をしていて、何度かそういう形を出せたのは良かったと思いますが、リスク管理やビルドアップに関しては、まだまだだと感じています。今後、こういった相手も出てくると思うので、そういう相手に向けても積み上げていきたいです。

ここまで2勝2分けと良い滑り出しを見せられていると思いますが?
まだ一回も負けていないというところで、チームの雰囲気は良いです。ただ、まだ4節なので、油断せずにコツコツと、たとえ負けることがあってもそこで連敗しないように、一喜一憂することなくやっていきたいです。

今季2つ目のクリーンシートと、攻撃がうまくいかない展開でも守備でリズムを作る、耐えるなど、昨季に比べて粘り強さが印象的ですが?
今日も相手の嵌めどころが自分たちの中でしっかりと決まっていましたし、攻め込まれても耐えられるという自信は付いてきています。それはキャンプであったり、これまでの3節で築き上げてきたものなので、これを守備に関しても質の高いものにしていきたいと思います。ただ、ここまでセットプレーからでしたが、2失点というところは良いスタートだと感じています。

コメントを読む

DF 26加藤 蓮

プロデビューを飾った率直な感想を聞かせてください。
デビューすることができて自分自身としては嬉しいですが、個人としてのパフォーマンスに関しては全く納得いっていないというか、イージーミスも多かったです。最後はオフサイドに救われましたが、自分のミスでセットプレーの場面を作ってしまったので、そこはデビュー戦という中でも絶対にやってはいけないミスだったと思うので、そこは反省しつつ次に繋げていきたいと思います。

チーム始動の段階から好調を維持した中、開幕直前のアクシデントによってデビューが少し遅れる形になりましたが、ここまでの過程についての想いを聞かせてください。
やっぱり、ああいう形で出られなくなってしまい、自分自身の甘さもあって、ああいう結果になってしまったと思うので、そこからは自分のミスに関して意識のところから、入団してから開幕に向けてのところよりも、さらに意識高くやらなければ、スタメンやベンチに入ることはできないと考えていたので、より日々の練習から熱量を持って前向きに取り組んでいこうと考えながらここまでやってきました。

投入時に監督やコーチ陣からどういった指示を受けていましたか?
まず守備では自分の良さである対人で絶対に負けないこと。攻撃ではいつも練習からやっている、右に(深澤)大輝さんがいるときには、こういった時間帯で攻め込んでいる状況においてもリスク管理が大事なので、両サイドがいっぺんに上がらないように、逆サイドを見ながらプレーするように言われていました。ただ、チャンスがあれば、練習からやっている内側を取る動きや前に5枚並べるというところで、自分のポジションでより高い位置を取るなど、相手を見ながらポジショニングを取っていくようにと、監督からは言われていました。

後半にボックス内でシュートを放つ場面もありましたが?
スペースを見つけて(新井)瑞希さんがドリブルで相手を引き付けてくれて、空いているスペースに自分が入っていくというところは練習から意識していたので、シュートを打つまでの過程は良かったと思います。ただ、相手が来ているのが見えてニアに振り抜こうと思っていましたが、少し真ん中に飛んでしまいました。パンチ力含めシュートの感触は良かったですが、あとはコースやそういうところで決め切る部分は、今後もっと突き詰めていかなければと感じています。

コメントを読む

試合一覧へ