株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

NEWSニュース

2016.01.26 トップ 緑のよもやま話

【ムービー】冨樫剛一監督ショートインタビュー キャンプ前半振り返り編

今日で沖縄キャンプも折り返しとなりました。ここまでのキャンプの収穫と想定外の事態を振り返ってもらいました。
明日のFC琉球戦に向けてもコメントをもらいました。

――沖縄キャンプは5日目が終わりました。ここまで予定通りでしょうか?
  何か想定外のことなどありましたでしょうか?
「予定通りな部分は、ゲームをやってトライ&エラーを繰り返して、それを改善できていること。
 予想外なことは、選手たちが疲れているから、少し落としてやっているのに全然グラウンドから帰らないことです。」
――1部練習の時も2部練習の時も選手はなかなか帰らないですね。
「今日は午前中はすごくボリュームがあったから、(宿泊施設へ帰る)バスは1本で終わるだろうと思っていたら、
 全然帰らないし、午前中が重かったから午後は少し質を問う練習をして早く帰るだろうと思っていたら、
 この通り全然帰りません。それが想定外です」
――選手たちの意気込みの表れでしょうか?
「まあ、そう受け取っていますよ(笑)」
――準公式戦のような形で3試合ありますが、まず札幌戦が終わりました。
  その試合を踏まえて、明日のFC琉球戦はどのようにテーマを設定しますか?
「自分たちも含めて、(琉球は)4チームの中で一番強いと思っています。
 フィジカルコンディションも、チームとしてやろうとしていることも、やっぱり早くから始動している分、
 すごくともなったゲームをFC東京戦でしていました。自分たちも苦しむと思います。
 ただ、苦しいからこそ、この間のコンサドーレ戦も前半我慢できたからこそ、0-0でいけたらからこそ、
 最後の最後でゴールがきたのだと思います。
 明日もそうした中で、良い守備から、明日は前半から攻撃の形も含めていけたらいいなと考えています」
――キャンプもまだ折り返しです。頑張ってください!
「頑張っているのは選手です。私は良いトレーニングを考えて、彼らに与えていきたいと思っています」

冨樫剛一監督ショートインタビュー キャンプ前半振り返り編

【TOP/冨樫剛一監督ショートインタビュー キャンプ前半振り返り編】今日で沖縄キャンプも折り返しとなりました。ここまでのキャンプの収穫と想定外の事態を振り返ってもらいました。明日のFC琉球戦に向けてもコメントをもらいました。

Posted by 東京ヴェルディ / Tokyo Verdy Official on 2016年1月26日