株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

NEWSニュース

2017.02.12 クラブ

駒沢女子大学とのコーポレートパートナー契約更新のお知らせ

この度、日テレ・ベレーザは、駒沢女子大学(所在地:東京都稲城市、学長:光田督良)と、
コーポレートパートナー契約を更新しましたのでご報告します。
2010シーズンから継続してご支援をいただき8年目のシーズンを迎えます。
今季から、日テレ・ベレーザのプラクティスウェアパートナーとして、日テレ・ベレーザをサポートしていただく他、
ホーム試合にて、昨シーズン同様に看板を掲出していただくことが決まりました。
また、双方の本拠地である稲城市を中心とした地域社会のスポーツ振興、地域活性、青少年少女の
健全育成への寄与、人材やリソースの交流による教育機会創出を目的とした連携を推進するための
パートナーシップ協定も併せて更新し、今後も両者が協力して地域社会への貢献を目指してまいります。

■駒沢女子大学(学校法人駒澤学園)について
【校名】駒沢女子大学 (学校法人駒澤学園)
【代表者】駒沢女子大学 学長 光田 督良 (みつだ まさよし)
     (学校法人駒澤学園 理事長兼務)
【所在地】〒151-0051 東京都稲城市坂浜238番地
【創立】1993年(1927年)
【公式サイト】http://www.komajo.ac.jp/uni/

■大学の紹介
東京都稲城市の豊かな自然に囲まれる美しいキャンパスを構え、道元禅師の『正念』と『行学一如』という教えを建学の精神としています。知性と理性を備えた心豊かな女性の育成を教育理念とし、学生一人ひとりの能力を伸ばす教育活動を行っています。
学部学科:人文学部(日本文化学科、国際文化学科、人間関係学科、心理学科、住空間デザイン学科、メディア表現学科)、人間健康学部(健康栄養学科)

【日テレ・ベレーザと駒沢女子大学のパートナーシップ協定について】
同大学の施設を利用し、小・中学校の女性を対象としたサッカー教室を通じて、スポーツ振興、地域活性、青少年少女の健全育成へ寄与することを目指しております。また、駒沢学園女子中学・高等学校のサッカー部とは、なでしこリーグにおける日テレ・ベレーザの公式戦で運営のボランティア活動に協力してもらい、そこで交流を図っています。更に、メディア表現学科によるPRポスター制作や、健康栄養学科によるベレーザの育成組織、日テレ・メニーナへの栄養指導の実施など、様々な側面から女性アスリートを取り巻く環境改善のために取り組みを行っています。

■駒沢女子大学 学長 光田 督良 様 コメント
「女子サッカー競技の一層の発展に貢献したいと考えている駒沢女子大学では、
 日テレ・ベレーザ選手/スタッフ皆様の益々のご活躍を期待し、
 本年もコーポレートパートナーとして応援させていただきます。
 昨年の2冠に留まることなく、本年こそは3冠達成をされるよう、駒沢女子大学一同、祈念いたしております」

■掲出ロゴ
掲出ロゴ:
komajo_2017.png

掲出箇所: 
プラクティスウェア 胸部分、スタジアム看板