ISPS 国際スポーツ振興協会
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット
株式会社ミスズ
HANDA Watch World

NEWSニュース

2017.12.08 トップ

高木 純平選手引退のお知らせ

この度、高木純平選手が、今シーズンをもちまして現役を引退することが決定しましたので、お知らせします。
高木選手のプロフィールおよびコメントは下記をご参照ください。

2017jumpei_t.jpg

高木 純平[タカキ ジュンペイ] 選手 DF
【生年月日】1982年9月1日
【出身地】熊本県
【身長/体重】170cm/62kg
【経歴】
熊本YMCA → TOAスポーツジュニアユース → 清水エスパルスジュニアユース
→ 清水エスパルスユース → 清水エスパルス → コンサドーレ札幌
→ 清水エスパルス → モンテディオ山形 → 東京ヴェルディ
【出場歴】

  所属 背番号 リーグ戦 リーグカップ 天皇杯
      出場 得点 出場 得点 出場 得点
2001年 清水エスパルス 30 0 0 0 0 1 0
2002年 清水エスパルス 30 10 1 1 0 0 0
2003年 清水エスパルス 14 9 0 0 0 0 0
2004年 清水エスパルス 14 18 0 4 0 1 0
2005年 清水エスパルス 14 13 0 6 0 3 0
2006年 清水エスパルス 14 26 2 3 0 3 1
2007年 清水エスパルス 14 11 0 4 0 0 0
2008年 清水エスパルス 14 5 0 3 0 3 0
2009年 清水エスパルス 14 12 0 6 1 1 0
2010年 清水エスパルス 14 5 0 1 0 - -
  コンサドーレ札幌(J2) 32 19 1 - - 2 1
2011年 コンサドーレ札幌(J2) 7 36 1 - - 0 0
2012年 コンサドーレ札幌 7 17 2 1 0 1 0
2013年 清水エスパルス 34 7 0 3 0 0 0
2014年 清水エスパルス 24 2 0 1 0 1 0
2015年 清水エスパルス 24 0 0 0 0 - -
  モンテディオ山形 31 12 0 2 0 1 0
2016年 東京ヴェルディ 30 21 0 - - 1 0
2017年 東京ヴェルディ 30 3 0 - - 1 0

【通算出場記録】
J1リーグ戦 147試合5得点/J2リーグ戦 79試合出場2得点
ヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ) 35試合1得点
天皇杯 19試合出場2得点/ACL 4試合0得点

【足跡・タイトル・代表歴】
1995年    清水エスパルスジュニアユース    第11回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 優勝
1996年    清水エスパルスジュニアユース    第12回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 優勝
1997年    清水エスパルスジュニアユース    第13回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 優勝
2001年    清水エスパルス                        清水エスパルストップチームへ昇格
      清水エスパルス                        ゼロックススーパーカップ 優勝
              清水エスパルス                        第81回天皇杯全日本サッカー選手権 優勝(2002.01.01)
2002年    清水エスパルス                        ゼロックススーパーカップ 優勝
2010年    コンサドーレ札幌                     コンサドーレ札幌へ期限付き移籍
2011年    コンサドーレ札幌                     コンサドーレ札幌へ完全移籍
2013年    清水エスパルス                        清水エスパルスへ完全移籍
2015年    モンテディオ山形                     モンテディオ山形へ期限付き移籍
2016年    東京ヴェルディ                        東京ヴェルディに完全移籍

【初出場・初得点】
初出場
2002年9月14日    Jリーグディビジョン1 2ndステージ 第3節 vsガンバ大阪

初得点
2002年9月28日    Jリーグディビジョン1 2ndステージ 第6節 vs浦和レッドダイヤモンズ

●高木純平選手コメント
「私、高木純平は、この度今シーズン限りでの引退を決意いたしました。
 僕の17年間のプロサッカー選手生活は、決して順風満帆なものではありませんでしたが、
 それでも精一杯頑張ってこられたのは、自分を育ててくれた清水エスパルス、
 受け入れてくれた北海道コンサドーレ札幌、モンテディオ山形、東京ヴェルディに関わるすべての皆さん、
 そしてすべての応援してくれる皆さんのお陰だと、心から感謝しております。
 とても幸せな17年間でした。本当にありがとうございました。
 これから第2の人生が始まりますが、サッカーから学び経験したことを生かし、
 これからも精一杯頑張りたいと思います。
 ありがとうございました」