株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット
株式会社paidy

NEWSニュース

2018.12.09 トップ

ミゲル アンヘル ロティーナ監督 退任のお知らせ

この度、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が、退任することが決まりましたのでお知らせします。

 

ミゲル アンヘル ロティーナ[Miguel Angel LOTINA] 監督
【生年月日】1957年6月18日
【出身地】スペイン
【資格】UEFA PRO
【選手歴】

1976年 - 1977年 CDムンギア
1977年 - 1978年 ゲルニカ クラブ
1978年 - 1981年 CDログロニェス
1981年 - 1983年 CDカステリョン
1983年 - 1988年 CDログロニェス

【指導歴】

1990年 - 1992年 CDログロニェスB
1992年 - 1992年 CDログロニェス
1993年 - 1996年 CDヌマンシア
1996年 - 1997年 CDログロニェス
1997年 - 1998年 CDバダホス
1998年 - 1999年 CDヌマンシア
1999年 - 2002年 CAオサスナ
2002年 - 2004年 セルタ デ ビーゴ
2004年 - 2006年 RCDエスパニョール
2006年 - 2007年 レアル ソシエダ
2007年 - 2011年 デポルティーボ ラ コルーニャ
2011年 - 2012年 ビジャレアルCF
2014年          オモニア ニコシア(キプロス)
2014年 - 2016年 アル シャハニアSC(カタール)
2017年 - 2018年  東京ヴェルディ

 

●ロティーナ監督コメント

この2年間を振り返り、ヴェルディサポーターの皆さんに伝えたいこととして頭に浮かぶのは、「ありがとう」という言葉です。なぜなら、後ろを向いて我々が共に歩んできた道のりを振り返ると、深い感謝の気持ちが溢れ出してくるからです。この偉大なファミリーを形成するすべての方々に感謝の意を示したいです。

 

社長、強化部の皆さん、ありがとうございました。我々を信頼してくれて、成功のために常に我々の近くから協力してくれました。

 

私のテクニカル・メディカルスタッフチームの皆さん、ありがとうございました。この忘れることのできない2シーズンの間、素晴らしい仕事で私を支えてくれて、私をより良い監督にしてくれました。

 

全てのクラブ職員、スタッフの皆さん、ありがとうございました。この挑戦のために大きな努力をしてくれて、素晴らしいプロジェクトの一部となってくれました。

 

そして選手の皆さん、ありがとうございました。我々スタッフの要求に対して、「忠誠」、「信頼」の模範を示し続けてくれました。謙虚で、献身的であり続けてくれました。全てが私の中で良い思い出であり続けます。

 

そして、特にファン、サポーターの皆さんに、私より、そして私の家族より大きな感謝を伝えたいです。とても、とても、とてもありがとうございました。2年前に私が日本に到着した時、どんな未来が待ち受けているのか想像できませんでした。知らない国で異なるサッカーと出会いましたが、今は大好きになりました。ファン、サポーターの方々の温かい歓迎のおかげで、ここを自分の国のように感じることができました。皆さんがこの2年間を素晴らしいものにしてくれました。良い時期も、難しい時期も我々を励ましてくれました。我々と共に喜んでくれました。そして物事がうまくいかない時や、期待通りにならない時は、我々が立ち上がるように支えてくれました。皆さんの応援歌は、どこに行こうとも私の中で響き続けます。私はあなた方に一生分の無償の借りを持つことになりました。特にあの「ロティーナ、ロティーナ」の歌を歌ってもらえるようになってからは。

 

全ての方々に感謝を示したいです。これは、「さよなら」ではなく「またね」です。私は遠くには行きません。どこにいても偉大な東京ヴェルディファミリーと繋がり続けることを約束します。私の魂の一部はあなた方と共にあります。

 

ARIGATOU

ーーー

Dirigirme a la afición de nuestro club con la mejor palabra que se me ocurre para resumir estas dos temporadas en Tokio Verdy La palabra gracias. Porque cuando echo la vista hacia atrás y pienso en el camino que hemos recorrido juntos, me desborda una profunda sensación de agradecimiento. Un sentido de gratitud hacia todos los que forman esta gran familia.

 

Gracias por lo tanto al presidente y a la directiva, que confió en mí y que ha colaborado de cerca para contribuir a los éxitos deportivos que hemos alcanzado. Gracias a mi equipo de ayudantes, que me han hecho mejor entrenador y me han ayudado a culminar con enorme satisfacción dos temporadas inolvidables. Gracias por supuesto a todos los demás trabajadores del club, que se han esforzado para estar a la altura del desafío que significa formar parte de este maravilloso proyecto. Y gracias a los jugadores, desde luego, un ejemplo de compromiso, de fe ciega en las instrucciones que les proporcionaba el cuerpo técnico. Sacrificados, humildes, muy trabajadores. Me llevo de todos ellos el mejor recuerdo.

 

Pero sobre todo quiero dar las gracias a la afición. En mi nombre y en el nombre de mi familia, muchas, muchísimas gracias. Cuando llegué a Japón hace dos años no sabía qué horizonte me esperaba. Era un fútbol distinto en un país entonces desconocido, al que he aprendido a querer. Un país que ya he hecho un poco mío gracias precisamente a la calurosa acogida de nuestros fans. Ellos han hecho que esta etapa haya sido espectacular. Nos han animado en los buenos momentos pero también en los complicados, han disfrutado con nosotros y nos han ayudado a levantarnos cuando las cosas han salido peor de lo esperado. Sus cánticos y sus himnos me acompañarán allí donde vaya. Tengo una deuda de gratitud con todos ellos para siempre. Sobre todo, desde que han aprendido a decir eso de Lotina...

 

Así que muchas gracias a todos. No es un adiós sino un hasta luego. Hasta siempre. No me voy lejos, así que os puedo asegurar que seguiré en contacto con esta gran familia de Tokio Verdy allí donde esté. Una parte de mi corazón se queda con vosotros.

 

Arigato.