株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

NEWSニュース

2019.01.10 トップ

橋本英郎選手移籍のお知らせ

この度、橋本英郎選手が、FC今治に完全移籍することが決定しましたので、お知らせします。

橋本選手のプロフィールおよびコメントは下記をご参照ください。

 

橋本 英郎[ハシモト ヒデオ] 選手 MF

【生年月日】1979年5月21日

【出身地】大阪府

【身長/体重】 173cm/68kg

【経歴】 大阪スポーツマンクラブ → ガンバ大阪ジュニアユース→ ガンバ大阪ユース → ガンバ大阪 → ヴィッセル神戸→ セレッソ大阪/セレッソ大阪U-23 → AC長野パルセイロ → 東京ヴェルディ

【代表歴】

日本代表国際Aマッチ 15試合0得点

日本代表/AFCアジアカップ2007、東アジアサッカー選手権2008

【出場歴/国内大会&国際大会&代表国際Aマッチ】

国内大会

リーグ

リーグカップ

天皇杯

J3(U-23)

年度

チーム

試合

得点

試合

得点

試合

得点

試合

得点

1998

G大阪(J1)

0

0

0

0

0

0

-

-

1999

G大阪(J1)

4

0

1

1

1

0

-

-

2000

G大阪(J1)

5

0

0

0

4

1

-

-

2001

G大阪(J1)

17

0

2

0

3

0

-

-

2002

G大阪(J1)

18

0

7

0

2

1

-

-

2003

G大阪(J1)

23

1

4

0

1

0

-

-

2004

G大阪(J1)

27

1

7

0

4

0

-

-

2005

G大阪(J1)

33

1

10

1

3

0

-

-

2006

G大阪(J1)

28

0

2

0

4

0

-

-

2007

G大阪(J1)

34

3

9

0

4

0

-

-

2008

G大阪(J1)

34

0

4

0

4

0

-

-

2009

G大阪(J1)

31

4

2

0

5

0

-

-

2010

G大阪(J1)

29

8

1

0

3

0

-

-

2011

G大阪(J1)

4

0

2

0

1

0

-

-

2012

神戸(J1)

24

1

3

0

0

0

-

-

2013

神戸(J2)

34

1

-

-

1

0

-

-

2014

神戸(J1)

28

0

8

1

1

0

-

-

2015

C大阪(J2)

14

0

-

-

0

0

-

-

2016

C大阪(J2)

2

0

-

-

-

-

6

1

長野

-

-

-

-

3

0

13

0

2017

東京V(J2)

26

0

-

-

1

0

-

-

2018

東京V(J2)

4

0

-

-

3

0

-

-

 

 

ACL

CWC

国際Aマッチ

年度

チーム

試合

得点

試合

得点

試合

得点

2006

G大阪

6

1

-

-

-

-

2007

G大阪

-

-

-

-

3

0

2008

G大阪

11

0

3

1

2

0

2009

G大阪

6

0

-

-

8

0

2010

G大阪

4

0

-

-

2

0

2011

G大阪

0

0

-

-

-

-

※ACL=AFCチャンピオンズリーグ CWC=FIFAクラブワールドカップ

【出場歴/その他大会】

2006年  富士ゼロックス スーパーカップ  1試合0得点

A3チャンピオンズカップ 2試合0得点

2007年  富士ゼロックス スーパーカップ  1試合0得点

2008年  スルガ銀行チャンピオンシップ  1試合0得点

2009年  富士ゼロックス スーパーカップ  1試合0得点

2010年  富士ゼロックス スーパーカップ 1試合0得点

2015年  J1昇格プレーオフ  2試合0得点

 

  • ●橋本英郎選手コメント

「2年間お世話になりました。この度、FC今治に移籍することになりました。

僕の中で特に印象に残っているのは、チーム初のプレーオフ進出を決めた徳島戦に出場して、最後に内田選手がゴールを決めて勝った試合です。チームは2年連続でプレーオフに出場することができて、昇格は果たせませんでしたが大きな経験を積むことができました。

ただ、個人としては、去年はチームの力にあまりなれず、悔しいシーズンを過ごしました。

今年はあと一歩のところを残り越えて、ぜひ昇格を果たしてほしいと願っています。

僕もJFLからJ3に昇格する戦いを頑張ってきます。

再びJリーガーになるぞ!」