株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット
株式会社paidy

NEWSニュース

2019.01.19 トップ クラブ

2019シーズン東京ヴェルディ新体制発表会見を行いました

東京ヴェルディは本日、2019シーズンの新体制発表会見を行いました。今年はクラブ創立50周年を機に実施するこれからの50年を見据えた新しい方向性を羽生英之社長がプレゼンテーションするなど、50周年記念パーティーを含めて3部構成という豪華な内容となりました。

 

 

新加入選手が登壇する新体制発表会見では、ホワイト監督と新加入選手11名が登壇。指揮官はクラブの歴史をリスペクトしながら新たな時代へと乗り出す決意を語りました。

 

 

2019シーズンの新ユニフォームのお披露目では、井上潮音選手(1st)、内田達也選手(2nd)、上福元直人選手(GK1st)、柴崎貴広選手(GK2nd)、梶川諒太選手(練習着)がモデルとして登場。50周年という節目のシーズンにふさわしい、ヴェルディグリーンのユニフォームをご紹介しました。あわせて今シーズンのユニフォームメインパートナーをご紹介させていただきました。

 

 

近年の新体制発表会見でおなじみとなっている背番号発表ですが、今シーズンは初めて全選手が1stユニフォーム一式を着用して登壇。自分の背番号を背負って一人ひとり入場し、報道陣、パートナー、ヴェルディファミリーの皆様にチームの陣容をお披露目しました。

 

 

新体制発表会見でのコメントは、下記をご覧ください。

 

【新体制発表会見:羽生英之社長】

みなさん、こんにちは。ヴェルディは50周年を迎えて新しい半世紀に入ります。この2年間、初めてロティーナ監督をスペインから迎えまして非常に良いシーズンを送れました。もしかしたら、その中でヴェルディとは対極にあるかもしれないような国から新しい監督を招へいしました。

 

先ほど、1部の時にも話しましたが、いまや国境はないと考えております。ですから、人物を見て決めました。ロティーナ監督のおかげで随分、多くの売り込みをいただいて、その中から3名に絞りました。その3名の中で今となりにおられるホワイト監督もイングランドの方ですが、それ以外にフランスの方とスペインの方と3人に絞りました。

 

決めた要因に関しては年齢がすごく若く、経験の面ではロティーナ監督に及びませんが 、非常にエネルギッシュで新しいサッカーに関して勉強している方です。何よりも親日家で日本でどうしても仕事をしたいということをおっしゃられていたので、最終的に決めました。とても期待していますし、今年が良いシーズンになるように頑張ります。ぜひみなさん応援のほどをよろしくお願いします。

 

 

【新体制発表会見: 竹本一彦GM】

今日は忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。今、羽生の方から今シーズンを迎えるにあたって新監督、そしてここにいる新入団の選手を選びました。まず2年間ですが、ロティーナ、イバン体制で一昨シーズンが5位、昨シーズンが6位となりプレーオフ、入れ替え戦まで進みました。悔しい思いもしましたが、スタッフ、選手たちにまずは感謝したいと思います。そして、新しい目標といいますか、具体的にはJ1昇格しかありません。我々にはそれしかないので、その目線で監督、選手を選びました。

 

監督にあたっては、ギャリーさんはすごく明るくてエネルギッシュで、コミュニケーション能力に優れた方です。それは私が香港に行って会った際、また日本で彼と会ってサッカー観を話し合った中で非常に感じたことです。また、彼は日本の生活といいますか、4、5年前から日本に来て日本の指導者S級ライセンスも受講しています。受講途中にグアムの代表監督となり、S級は日本では取っていませんが、その時の同期にガンバ大阪の宮本恒靖、福西崇史、中村忠ら日本の指導者とも面識がある非常にフレンドリーな方です。練習はすでに始めていますが、一人ひとりの選手とピッチ外においてもミーティングを行っており、それぞれの目標や家庭環境、サッカー感を含めて一人一人の選手のプレーだけでなく 性格をも把握して良さを出して試合に臨んでくれると思います。

 

昨年のサッカーは私の口から言いますと、ポゼッションはするけど、相手のゴールに迫る攻撃ではなかなか慎重なところがありました。守備においては抜かれないディフェンスでできるだけ相手のチャンスを増やさないことには成功していましたが、積極的な守備という部分は少なかったと思います。それがこの2年間のロティーナ体制の良いところでもあり、また変えていかなければならない部分だと判断していました。今年はギャリーさんの積極的な指導、サッカーのアプローチといいますか、相手のゴールに対してよりアプローチを強く。そして、守備では相手のボールを奪いに行く積極的な守備も見られるのではないかと思います。それほど大きく変わったサッカーにはならないと思いますが、ベー スは4-4-2、4-2-3-1となりますが、攻守に躍動するサッカーを見せてもらってJ1に行きたいと思っています。

 

今年ここにいる選手たちは非常にストロングを持った、そのストロングは状況に応じたプレーができる選手だと思っています。そして、昨年いるメンバーの良さを上回る部分に関しては個人のテクニックだと思っています。特に、攻撃面では一人ひとりのテクニックを生かして良いコンビネーションを作って、今年は50周年ですからヴェルディ、読売クラブらしいコンビネーションを見せる積極的なサッカーをやってくれると思っています。今年1年、良いことも悪いことも辛い時も出てくると思いますが、ここにいる選手たちはとても強い野心を持った選手たちです。その野心をチームのためにも生かしてもらい、目標を達成できるようなチームにしたいと思います。また、それができる選手、チームだと思っています。今年1年また応援をよろしくお願いします。ありがとうございます。

 

 

【新体制発表会見: ギャリー・ジョン・ホワイト監督】

みなさん、こんにちは。まず社長の羽生さん、GMの竹本さん、強化部長の山本さんに感謝しています。私自身にこのチャンスを与えてくれたこと、自分が重要な役目を託された責任を感じています。新加入の選手、また去年からいる選手たちには私がどれほど昂っているかということをこの場を借りて改めて伝えたいと思います。

 

私はイギリスの南部で生まれました。1974年です。1974年という年がこのクラブにとって重要な年であることを生まれた時には全く知りませんでした。当時、J2というカテゴリーは存在しませんでしたが、それにあたる2部でヴェルディが優勝したことを最近になって知りました。1978年から成功と言えるピリオドがスタートしました。JSLでヴェルディは7年連続優勝しました。同様に 2年連続でJリーグのチャンピオンに輝きました。これは私たちが絶対に忘れてはいけないことです。それは前に進むということです。私たちは象徴的なクラブでもあります。過去に残した功績に関しては当然大事にしていきます。ただ、私たちはこれから新しい旅を始めていきます。これから先の50年間。

 

今の選手たちには過去の選手たちやレジェンドへの敬意という話をしてきました。また、人々の大事さを伝えています。中にはそれをとても大事と考える人、他の人たちにとってそれは人生のすべてかもしれません。このクラブに関わる選手、スタッフ、ファンのみなさんを含めてこれから頑張っていきたいと思っています。日本サッカー界においてこのクラブは非常に重要なクラブです。また、みんなが同じ目標を持っています。それは自分たちが日本サッカー界で再びトップに君臨していくということです。それは簡単なことではありませんが、みんながクラブと繋がってその目標を達成することを誓います。全身全霊でやっていき犠牲も伴いますが、それは当然のことです。1969年のクラブにとって 最初の監督である成田さん(十次郎)と同じように私も全力を尽くしてこのクラブを率いていきます。たくさんの素晴らしい選手、コーチがその当時から日本のトップにこのクラブを連れて行きました。同様にこのクラブは素晴らしい若い選手を擁しています。ファンも含めて私にとって非常に心強いです。同時に象徴的なクラブです。

 

私がイングランドで若い選手としてプレーしていたころ、日本で知っていたクラブは2つだけでした。そのひとつはグランパス。そこにはギャリー・リネカーというイングランドの有名な選手がいました。そして、もうひとつはヴェルディです。そのクラブを率いることができることを非常に光栄だと思っています。1969年に人類は初めて月に上陸しました。同時にその年は日本で初めてATMの機械が導入されました。それからどれだけの日数が経ったことでしょうか。ここにいるみなさんを含めて全員で東京ヴェルディの将来、今までの歴史への敬意を持っています。ありがとうございます。

 

▼2019年新体制発表会見新加入選手コメント

 

【新加入選手コメント:GK 26 鈴木智幸選手】

松本山雅FCから移籍してきましたゴールキーパーの鈴木智幸です。まず50周年という節目の年にヴェルディの一員となれたことを非常に嬉しく思いますし、この歳になって大きな責任感を感じています。今年1年、J2優勝J1昇格という目標に向けて精一杯頑張っていきます。よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:DF 3 近藤直也選手】

ジェフユナイテッド市原・千葉から完全移籍で加入しました近藤直也です。50周年という特別な年にこの歴史と伝統がある東京ヴェルディというクラブに加入できたことを大変うれしく思います。J1昇格という目標達成に向けて自分の力を全て注ぎたいと思っています。今シーズンの1年間よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:DF 22 永田拓也選手】

はじめまして、横浜FCから移籍してきました永田拓也です。J1昇格のためチームのために全力を尽くしますので、1年間応援よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:MF 19 小池純輝選手】

こんにちは、愛媛FCより加入しました小池純輝です。2012年、2013年にヴェルディでプレーさせていただいて以来のプレーになります。また、緑のユニフォームを着てプレーできることを嬉しく思います。今年は50周年というメモリアルな年ですので、クラブに貢献できるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:MF 33 河野広貴選手】

サガン鳥栖からレンタルで移籍してきました河野広貴です。8年ぶりの復帰ですが、50周年という記念の年にまたヴェルディでサッカーできることを嬉しく思います。J1に上がれるように全力でやりますので、応援をよろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:FW 30 ヴァウメルソン選手】

こんにちは、ヴァウメルソンです。この場に立つことができ、このクラブでプレーできることをとても嬉しく思います。このクラブがサポーターがハッピーになれるように、またこのチームがJ1昇格に向けて良い成績が残せるように精一杯頑張りますので、応援をよろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:FW 27 ネマニャ・コイッチ選手】

みなさんこんにちは、セルビアから来ましたネマニャ・コイッチです。ここにいる選手たちの素晴らしさは過去3日、4日の間で体感しています。ですので彼らとともに戦い、また家族となってJ1昇格に向けて頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:FW 18 端戸仁選手】

こんにちは、湘南ベルマーレから来た端戸仁です。僕は湘南時代の2年前にJ2で優勝を経験していますが、その時に感じたことはチームが上位にいけばいくほど相手も対策をしてくるし、大変な戦いになるということです。その中でもクオリティーをみせ相手を上回り、楽しいサッカーを見せて勝ちたいと思います。よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:DF 15 安在達弥選手】

こんにちは、中央大学から加入することになりました安在達弥です。大卒は即戦力にならないとダメだと思っているので、ヴェルディのJ1昇格に向けて頑張ります。よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:MF 16 森田晃樹選手】

ユースから昇格しました森田晃樹です。1年目ですがしっかりと試合に絡んで1点以上は取りたいと思います。よろしくお願いします。

 

【新加入選手コメント:MF 20 山本理仁選手】

ユースから昇格しました山本理仁です。最年少ですが、自分を積極的に出してJ1昇格という目標に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします。